後遺障害等級:第3級(1号~5号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率100%!後遺障害等級第3級

交通事故の後遺症で、介護の必要がない一般的な後遺障害は14段階の等級があります。等級の数が少ないほど、重い後遺障害になるわけです。家事や学業も含めた社会復帰が事実上不可能とされる労働能力損失率100%は第1級から、この第3級にあたります。

後遺障害第3級は、障害を負った部位によって1号から5号に分類されています。

後遺障害第3級 5つの分類
後遺障害第3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
後遺障害第3級2号 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
後遺障害第3級3号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの
後遺障害第3級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの
後遺障害第3級5号 両手の手指の全部を失ったもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第3級4号」などというわけです。

片眼を失明し、残った目の視力も0.06以下なら第3級1号

片方の目が完全に視力を失い、なおかつ残された目の視力が0.06以下の場合は、第3級の1号として認定されます。このとき視力0.06というのは、裸眼視力ではなく矯正視力であり、眼鏡やコンタクトレンズをつけても0.06の視力が得られないというのは、相当な障害だと言えるでしょう。

ただ視力に関しては、“見えないふり”をする「詐盲」ということが、誰でも出来てしまいます。したがって保険会社も視力に関しては厳しくチェックされます。

咀嚼機能と言語機能、どちらか片方に障害があれば第3級の2号

咀嚼というのは、物を噛んで飲み込む機能です。事故によって顎の骨や筋肉に回復不能なダメージを受けたり、神経に深刻な障害が出ると、まともに咀嚼が出来なくなり、食べられるものはスープのような流動食になってしまいます。

また、同じような原因で言葉がハッキリと喋れなくなってしまうことを言語機能障害と呼びます。これらふたつの障害が合わせて起きた場合、等級認定は第1級なのですが、どちらか片方の時には第3級になります。

第三者からは判定が難しい?第3級3号

交通事故によって脳や神経に深刻なダメージを受け、生命の維持活動すら難しい症状であれば、後遺障害の等級は第1級(介護つき)となります。しかし脳や神経に障害があるものの、とりあえず日常生活を自分自身で出来る程度の障害が第3級の3号です。

麻痺症状など、第三者から見てわかりやすい障害であれば、第3級3号の認定は取りやすいのですが、記憶力や注意力の低下や、性格の変貌など事故の後遺症だと認定されるまで時間が掛かったり、認定そのものが困難なケースがあります。

検査で比較的わかりやすい 第3級4号

検査

脳や神経系統以外の障害で、日常生活は何とか出来ても、社会生活がまともに出来ない後遺障害が、第3級4号です。4号に該当する障害は、主に肺などの呼吸器系や心臓などの循環器系になります。

こうした障害は傍目には、単に疲れやすいのかと思われがちですが、実際に血中の酸素濃度など検査で数字が出せますので、3号に比べれば認定は受けやすいでしょう。

両指を失ったら、第3級5号

腕ではなく、両指を失った場合に認定される後遺障害が第3級の5号です。この場合、両指の根元からザックリ失ったケースはもちろんですが、親指なら第1関節、その他の指であれば第2関節より先を失った場合も認定されます。

認定次第で等級は変わる? 専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第3級までは労働能力損失率100%と判断される重い障害ですが、第3級になると自賠責保険の補償限度額は2,219万円と、第1級や第2級に比べ4結構下がってしまいます。それでも高額な補償金には違いありませんので、保険会社は第2級の認定を渋る傾向にあるようです。特に第三者からの判断が難しい3号は保険会社と揉める可能性が高いです。

このような後遺障害を負った場合、裁判まで争い弁護士基準で、1億を超えるの補償金を勝ち取ったケースもありますので、等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP