後遺障害等級:第4級(1号~7号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は92%! ほとんど100%に近い後遺障害等級第4級

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけで、第4級だと労働能力損失率は92%と、ほぼ100%に近いパーセンテージです。

後遺障害第4級は、障害を負った部位によって1号から7号に分類されています。

後遺障害第4級 7つの分類
後遺障害第4級1号 両眼の視力が0.06以下となったもの
後遺障害第4級2号 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害第4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
後遺障害第4級4号 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
後遺障害第4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
後遺障害第4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの
後遺障害第4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第4級6号」などというわけです。

事故によって視力が著しく低下した場合は第4級1号

交通事故が原因で視力をなくしたり、著しく低下した場合は後遺障害と認定されますが、等級はその度合いによって変わってきます。第4級1号のケースは、両眼の視力が0.06以下から0.02を越える数値です。0.02以下になれば等級は第2級2号に上がりますし、0.06を越えるのであれば等級は下がります。

この視力に関して注意することは、あくまで事故の後遺症で視力が低下したということで、もともと事故以前から視力が悪かった場合には適用されません。もっとも基本的に後遺障害の視力は、裸眼視力ではない矯正視力です。

咀嚼や言語機能に著しい障害が残ると、第4級2号

sikai650
事故によって口や顎周りに大きな怪我を負ってしまった時や、脳や神経にダメージを負った場合、その後遺症として食べ物を噛んで飲み込めなかったり(咀嚼障害)、言葉がうまく喋れなかったり(言語障害)します。
咀嚼機能や言語機能が完全に失われてしまったケースは、もっと高い等級になりますが、第4級2号はもう少し症状の軽い後遺障害です。

具体的には咀嚼機能の場合、流動食だけではなく粥や柔らかい肉であれば食べられる程度のレベルです。一方言語障害に関しては、子音を発音する「口唇音」・「歯舌音」・「口蓋音」・「咽頭音」という4種類の発音方法のうち、2種類の発音方法が出来なくなったケースになります。この咀嚼と言語機能、両方に障害が残ってしまった場合、第4級2号と認定されます。

両耳の聴力が失われてしまったら、4級3号

交通事故が原因で、両耳の聴力が完全に失われると後遺障害の等級は4級3号になります。聴力に関してはふたつの検査を行います。まず「ピー」といった単純な音が聞き取れるかという、純単音レベルの検査です。そして言葉(言音)を言葉として聴き取れるかという、明瞭度を判断します。

完全に聴力が失われていると判断されるのは、

  • 両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ最高明瞭度が30%以下のもの

とされており、どちらかの条件が満たされた場合、後遺障害第4級3号になるわけです。

片腕、あるいは片足を根元から失うと第4級4号・5号

後遺障害等級の1級から3級は、両手足を失ったり麻痺によって機能が失われたケースでした。第4級4号は左右どちらかの片腕が肩から肘上の間で失われた場合にあたります。ただ自賠責基準だと、失われた腕が利き腕かどうかという判断基準はありません。利き腕であっても、そうでなくても肩口から腕を無くしてしまった場合は第4級4号が適用されるわけです。

また片足を股の付け根から膝上の間で無くした場合も、利き足であるないに関わらず、第4級5号の後遺障害等級が適用されます。

両手の指が麻痺した場合は第4級6号

両手の指が切断されたわけではなく、繋がっていたとしても、中の神経が切れてしまうなどの障害によって、両手の指が全て動かなくなった場合には、後遺障害等級4級6号が認定されます。
麻痺の基準は親指であれば第一関節より根元、他の指であれば第二関節より根元の可動域が2分の1以下になった場合、“手指の全部の用を廃したもの”と判断されるわけです。

この麻痺が両手であれば第4級6号ですが、麻痺が片手だけだった場合は、等級が下がります。そして麻痺が各指の第一関節だけであった場合も等級は下がることになります。

足先を失った場合は第4級7号

両足を根元から失ったり、膝下を切断してしまった場合は第4級より高い障害になります。しかし足先の部分だけ失ったケースだと、後遺障害等級は4級7号になります。ネットなどで見つかる一般的な後遺障害別等級表だと、失った部分は「リスフラン関節以上」と表記されています。

リスフラン関節というのは医学用語で一般的ではありません。具体的にいえば、“足の甲”と言われる部分の、ほぼ中央にある関節がリスフラン関節になります。第4級の7号は両足の甲より、足の根元までの部分が失われたケースに適用されるわけです。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第3級までは労働能力損失率100%と判断される重い障害です。しかし第4級になると自賠責保険の補償限度額は1,889万円と結構下がってしまいます。
このような後遺障害を負った場合、弁護士基準で裁判まで争っても、補償金は1億円弱です。とはいえ自賠責基準と比べれば、はるかに高額な補償を受けられる可能性はあります。等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP