後遺障害等級:第8級(1号~10号)認定

浅川綜合法律事務所

後遺障害8級

労働能力損失率は45%!主に四肢の障害に関する項目が多い後遺障害第8級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第8級の場合労働能力損失率は45%だとされています。後遺障害の等級が下がってくると、判断次第で等級が大きく変わってくるケースも増えてきますが、第8級は比較的判断がしやすい項目が多くなっています。

後遺障害第8級は、障害を負った部位によって1号から10号に分類されています。

後遺障害第8級 10段階の分類
後遺障害第8級1号 1眼が失明し、または一眼の視力が0.02以下となったもの
後遺障害第8級2号 脊柱に運動障害を残すもの
後遺障害第8級3号 1手の親指を含み、2本の指を失ったもの、または親指以外の3本の指を失ったもの
後遺障害第8級4号 1手の親指を含み、3本指の用を廃したもの、または親指以外の4本の指の用を廃したもの
後遺障害第8級5号 1下肢を5cm以上短縮したもの
後遺障害第8級6号 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
後遺障害第8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
後遺障害第8級8号 1上肢に偽関節を残すもの
後遺障害第8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
後遺障害第8級10号 1足の足指の全部を失ったもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第8級1号」などというわけです。

事故による失明としては最も軽い等級が第8級1号

交通事故によって片目が失明するか、あるいは片目の視力が0.02以下になってしまった場合に適用される等級が第8級1号です。この第8級1号は目の後遺障害で失明を含む症状の中で、もっとも軽いものになります。というのも障害が残るのは片目だけで、残る一方の目は事故による障害が全くない状態だからです。

目の障害に関しても、右目と左目の区別はありません。カメラマンなど仕事柄よく使う目と、そうでない目があってよく使う目が障害にあった場合でも、自賠責の後遺障害の等級表で評価はされませんので注意しましょう。

首や背骨が変形し、運動能力に影響が残ると第8級2号!

交通事故は意外なほど骨に大きなダメージを与えます。そんな中でも首や背骨といった脊椎が損傷してしまった場合も後遺障害に認定されます。脊椎の後遺障害の場合、もっとも重いのが第6級5号ですが、第8級2号はそれより少し症状が軽い場合になります。

具体的には、

  • 首の骨や背骨を動かせる可動域が2分の1以下になった状態(第6級5号は可動域が10%以下)
  • 頭蓋骨から首の骨、そして背骨にかけて著しい異常可動性がある場合

となります。つまり首の骨や背骨が健康な状態と比べて、動かせる範囲が狭くなってしまった場合や、逆に本来動かせないような方向に骨が曲がったり、動いてしまう症状が第8級2号です。

脊椎には全身に張り巡らされた神経が集中していますので、こうした後遺障害が残ると、当然変形した骨に神経が圧迫され、第8級2号のような運動障害のほかにも、四肢麻痺など他の障害が出てくる事は珍しくありません。そうなると等級の認定も変わってきます。

指の後遺障害に関するのが第8級、3号・4号

後遺障害の等級で第8級のうち、指に関するものは2種類あります。まず事故によって片手の親指を含む2本の指を失うか、親指以外で3本の指を失った場合は第8級3号です。
次に第8級4号はもう少し条件つけが複雑で、片手の指が全部、あるいは親指を含む4本の指が下記の状態になった時を言います。

  • 末節骨(一般的に「第一関節」といわれる一番先にある骨)が、その長さの2分の1以上失われた場合
  • 指の根元か第二関節(親指の場合は第一関節)の可動域が2分の1以下になった場合
  • 親指の橈側外転(たとえば「親指を立てる」という動作)、または掌側外転(親指をてのひらにつける動作)の動く範囲のいずれかが2分の1以下になった状態
  • 神経麻痺の影響で指の存在感覚が無くなったり、物に触れる触角や温度感覚、あるいは痛感などが完全に失われた場合

事故によって片足の長さが変わってしまえば第8級5号!

健康な人でも両足の長さが、左右全く同じという人はあまりいません。それでも歩行するのに支障が出るほど、左右の足の長さが違わないでしょう。ところが交通事故で足を骨折した場合など、怪我が治癒する過程で足の長さが変わってしまうケースがあるわけです。

第8級5号は片足の長さが5cm以上短縮してしまったケースになります。同種の後遺障害としては、もっとも高い等級です。

手足の3大関節のうち、1つの関節機能が失われると第8級6号

7号

後遺障害等級表をよく見ると、第8級の6号と7号の基準に書かれている文字は一文字しか変わりありません。第8級6号の「上肢」というのは腕のことで、第8級7号の「下肢」というのは足のことです。それらの3大関節といえば、

  • 腕の場合:「肩」、「肘」、「手首」
  • 足の場合:「股関節」、「膝」、「足首」

になります。

交通事故によって片手片足で3大関節の1つの部位が、まったく動かなくなったりした場合、あるいは神経障害で自分の意思では動かせなくなった場合が第8級の6号と7号です。腕の障害が第8級6号で、足の障害だと第8級7号になります。

また近年まで第8級の6号と7号の基準には、
「人工骨頭又は人工関節を挿入したもの」
というモノがありましたが、人工骨の品質や耐久性が向上したことにより、これに該当する障害は別の等級に分類されるようになりました。

偽関節とは?四肢の障害に関する第8級、8号・9号

後遺障害等級第8級89号と9号は、腕か足かという違いだけで、障害の内容は同じです。偽関節というのは、骨折の治療過程で骨がくっつかないで、その部分がまるで関節のようグラグラ動くような状態になってしまった状態を指します。

この偽関節が原因で仕事や日常作業に著しい障害がある場合、後遺障害等級は第7級9号と10号になりますが、保護具をつければ動作に支障がない場合は第8級8号と9号になるわけです。そして腕に偽関節が残るケースが第8級8号で、足に偽関節が残った場合は第8級9号という分類になっています。
ただし、最近では医学技術の進歩で仮に偽関節になってしまっても、再手術など適切な治療で根治できるケースがほとんどですので、この障害が後遺障害として適用されることは随分少なくなりました。

片足の指をすべて失えば第8級10号!

文字通り、片足の指がすべて切断されてしまった後遺障害の等級は、第8号10号に分類されます。足の指は身体の重心バランスを微調整したり、歩いたり走ったりするときの蹴り出す力を生み出す機能を担っており、意外に重要な部位です。

ですから両足の指をすべて失えば、等級は第7級11号と1ランクアップします。失ったのが片足の指全部だった場合は第8級10号になるわけです、右足でも左足でも区別はありません。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第8級は労働能力損失率45%と判断されています。ですから第8級になると自賠責保険の補償限度額は819万円と、第7級と比べると200万円以上下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
弁護士基準の場合、最高5,100万円くらいになるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP