後遺障害等級:第9級(1号~17号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は35%!全身の障害に関する項目が定められている後遺障害第9級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第9級の場合、労働能力損失率は35%だとされています。この辺りのレベルからは、被害者が後遺障害として認定を求めるか、泣き寝入りしてしまうかのボーダーラインでしょう。

後遺障害第9級は、障害を負った部位によって1号から17号に分類されています。

後遺障害第9級 17段階の分類
後遺障害第9級1号 両眼の視力が0.6以下になったもの
後遺障害第9級2号 1眼の視力が0.06以下になったもの
後遺障害第9級3号 両眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
後遺障害第9級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
後遺障害第9級5号 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
後遺障害第9級6号 咀嚼および言語の機能に障害を残すもの
後遺障害第9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
後遺障害第9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
後遺障害第9級10号 神経系統の機能または精神に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの
後遺障害第9級11号 胸腹部臓器機能に障害を残し、服することが出来る労務が相当程度に制限されるもの
後遺障害第9級12号 1手のおや指、またはおや指以外の2の手指を失ったもの
後遺障害第9級13号 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの、または、おや指以外の3の手指の用を廃したもの
後遺障害第9級14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
後遺障害第9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
後遺障害第9級16号 外ぼうに相当程度の醜状痕を残すもの
後遺障害第9級17号 生殖器に著しい障害を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第9級7号」などというわけです。

視力に関する後遺障害が第9級1号・2号!

後遺障害9級

交通事故が原因で視力が低下してしまった場合、後遺障害として等級の認定が受けられます。両眼の視力が0.6以下にまでなってしまった場合は第9級1号で、片眼の視力が0.06以下になってしまうと第9級2号です。ただ事故に遭わなくても両眼視力が0.6以下とか、片眼の視力が0.06という人は普通にいます。

ですから後遺障害として認定されるのは、あくまで事故以前はもっと視力が良くて、事故が原因で視力が悪化したということでなければなりません。もっとも後遺症認定で定められた視力は裸眼視力ではなく、矯正視力です。メガネなどで視力を矯正しても、なお一般的な視力に届かないから後遺障害となります。

目の見え方に障害が残る場合は後遺障害代9級3号!

交通事故の後遺障害のうち、第8級以上の視力障害は主に視力全体がなくなったり、下がった症状でした。しかし第9級以降は、それ以外の症状が認定の対象になってきます。
第9級3号は

  • 半盲症
  • 視野狭窄
  • 視野変状

と呼ばれる視覚の異常が認定の基準になります。

半盲症というのは、視力全体が失われるのではありません。今まで見えていた視界の右半分、あるいは左半分が見えなくなる症状です。半盲症には両眼が共に右側だけ、あるいは左側だけが見えなくなる「同名半盲」と、両眼の内側(鼻側)だけ、又は外側(耳側)だけ見えなくなる「異名半盲」と、視野の上半分か下半分が見えなくなる「水平半盲」と呼びます。

次に視野狭窄は、半盲症のように視野が片方欠けるというのではなく、文字通り視野が狭くなってしまった症状です。視野が全体的に狭くなる「求心狭窄」と、不規則な形で視野が狭まる「不規則狭窄」があります。
また視野変状は狭窄視野の一種として分類されるケースもありますが、視界の中に部分的に見えない部分があったりするケースで、見えている景色の中にボツボツと穴が空いて見えない部分が出てきてしまう症状です。

これら視界異常の原因は多くの場合、事故の影響で視神経に障害が残ってしまった場合が多いと考えられます。実際に自分の視界に異常を感じた場合には、専門医に診断を受けて、しっかり検査してもらいましょう。

両目の瞼に障害が残れば、第9級4号!

事故の影響で瞼が欠損してしまい、普通に瞼を閉じた場合、角膜を完全に覆い隠せない状態になってしまった場合に認定されるのが、後遺障害等級第9級4号です。
角膜と言うのは眼球前面にある膜で、普通の人が目を開けている状態で見えている目の表面は、全部角膜部分だと考えていいでしょう。

つまり普通に瞼を閉じた状態で、黒目はもちろん白目も覆い隠せない状態であれば、第9級4号に該当します。ただこうした障害は容貌の美醜に関わる話ですから、どちらの後遺障害として認定するかが問題になってくるわけです。普通は等級の高い方で分類されますので、第7級12号で認定されます。

事故の影響で鼻の機能に障害が残れば、第9級5号!

交通事故によって、鼻の軟骨部分を全部、あるいは大部分を失って、嗅覚や呼吸機能が大きく損なわれた場合は、後遺症等級第9級5号が認定されます。
しかし鼻は顔の中心にあるモノですので、嗅覚や呼吸機能以前に鼻が失われれば、外貌の美醜に大きく影響します。ですから、鼻に関する障害は第9級5号より等級が高い等級である 7 級 12 号が認定される可能性があるでしょう。

咀嚼機能と言語機能に障害が残ってしまうと、第9級6号!

咀嚼とは食べ物を噛んで飲み込む機能です。事故の影響でこの機能に後遺症が残った場合、第9級6号にあたります。固形物が一切食べられないほど酷い後遺障害であれば、もっと等級は上がりますが、第9級6号の場合はご飯や煮魚など普通のモノは食べられます。しかしたくあんやビーナッツなどいわゆる“歯ごたえのある食材”は食べられない程度の障害です。

それと同時に言葉を話す言語機能の、発音する基本である「口唇音」、「歯舌音」、「口蓋音」、「咽頭音」という4種類の発音方法のうち、1種類の発音方法が出来なくなった場合、第9級6号に認定されます。

聴力障害に関わるのが、後遺障害第9級7号・8号・9号

交通事故の後遺障害等級表の第9級で、耳の機能障害に関するものは3つあります。まず両耳の聴力が、「ピー」といった単純な音が聞き取れるかという純音聴力レベル60dB以上または50dB以上で、なおかつ言葉(言音)を言葉として聴き取れるかという、明瞭度が最高70%以下であれば第9級7号です。

次に第9級8号は、後遺障害等級表に書かれている通り、片方の耳が触れるほど傍でなければ、大声も聞こえない程度の聴力しかなく、残った片耳も1m以上離れた普通の会話も聞き分けられない状態になります。この聴力を純音聴力レベルでいうと、

  • 聴力がひどく悪い方の耳:80dB以上
  • 少しはマシな方の耳:50dB以上

という基準です。

そして第9級9号は、片耳だけ完全に聴力が失われた場合に認定されます。このケースでは、障害が残った耳の純音聴力レベルが90dB以上になります。

脳神経障害で仕事に影響の出る障害 第9級10号!

後遺障害等級表で第9級における労働力損失率は35%とされています。健常者の労働能力を100とした場合、第9級に認定された人はその65%の労働能力を持っていると判断されているわけです。したがって第8級以上にある脳神経障害や臓器障害の認定に比べて、一応仕事に健常者と同じ仕事には就けるものの、仕事の内容に制限がつきます。

脳神経障害が原因で労務に制限される場合が第9級10号です。具体的な症状は以下のようなモノになります。

1:高次脳機能障害

交通事故によって脳に後遺症の残る損傷を負ってしまったケースです。第9級10号のレベルでは、一応健常者と同じ仕事は就けるものの、突発的な問題解決能力がないためにどうしても他からのアドバイスが必要なケースや、作業維持能力に問題があります。

2:脳の損傷による麻痺

脳の損傷によって、片足や片腕に麻痺が残っている場合です。文字が書けなかったり、歩行に障害が残って健常者より作業効率が下がると判断されます。

3:脳の器質的な損傷を伴わない精神障害

「うつ」に代表される精神的な障害で労働能力が失われたケースです。客観的な判断が難しい症状ですので、必ず専門医による診断が必要でしょう。また、障害の原因が交通事故であることを証明することも忘れてはいけません。

4:外傷性てんかん

発作がおきると転倒したり、うろうろ歩き回るなど仕事を継続できない症状が出る場合なのですが、第9級10号にあたるものは、発作が数ヶ月に1回程度発生するケースになります。

5:頭痛

交通事故によって習慣的に頭痛が残る障害です。原因は様々で頭蓋骨に残った傷の影響をはじめ、血管の圧迫によるもの、あるいは三叉神経や交感神経などに起因するものなどがあります。いずれにせよ大前提として事故の後遺症として頭痛持ちになってしまった場合に後遺症認定がされるわけです。

内臓障害で仕事に影響の出る障害 第9級11号!

交通事故によって負った内臓障害が後遺症になってしまい、健常者に比べて仕事が制限されてしまうと第9級11号に認定されます。該当する主な症状は部位によって以下の通りです。

1:呼吸器

肺の機能が低下してしまったケースになります。動脈血酸素分圧(血液内に酸素を送り込む肺の能力)は、健常者の場合およそ100Torrですが、この数値が60Torrを越え、70Torr以下になってしまった場合は第9級11号です。

2:心臓

心臓機能が低下してしまい、健常者と同じレベルの運動を禁じられていたり、ペースメーカーをつける事になってしまった場合になります。

3:消化器系

事故が原因で胃を全摘出したり、部分切除したなど、大きな食事制限をうけることになってしまったケースや、食事後にめまいなどの症状が出る場合は第9級11号です。
また胃以外にも腸やすい臓、あるいは肝臓に後遺障害を負って、日常生活に影響が出る場合も認定されます。

4:ヘルニア

ヘルニアといえば、椎間板ヘルニアといった骨と軟骨の病気として有名ですが、本来ヘルニアは軟骨や骨だけではなく、臓器が本来あるべき場所よりズレてしまう病気です。たとえば腹の壁の弱い部分から内臓が飛び出してくる「腹壁ヘルニア」といったモノもあります。

事故よって内臓にヘルニアが発症し、立ち仕事を止められているなど日常生活に支障をきたした場合は第9級11号です。

5:泌尿器

腎臓や膀胱など泌尿器系の内臓に後遺障害が残った場合も、度合いによって第9級11号に認定されます。

これらの後遺障害はどの程度日常生活に影響が出るかで、等級は変わってきます。ただ脳神経障害に比べて検査数値によって分類されていますので、判断は分かりやすいといえます。

指の後遺障害に関するのが第9級12号・13号!

第9級12号・13号は指に関するものです。まず片手の親指1本、あるいは親指を除く2本の指を失った場合は第9級12号になります。

次に第9級13号は単純に指を無くしたのではなく、片手の親指を含む2本の指か、親指以外の3本指が以下の症状が残った場合になるわけです。

  • 末節骨(一般的に「第一関節」といわれる一番先にある骨)が、その長さの2分の1以上失われた場合
  • 指の根元か第二関節(親指の場合は第一関節)の可動域が2分の1以下になった場合
  • 親指の橈側外転(たとえば「親指を立てる」という動作)、または掌側外転(親指をてのひらにつける動作)の動く範囲のいずれかが2分の1以下になった状態
  • 神経麻痺の影響で指の存在感覚が無くなったり、物に触れる触角や温度感覚、あるいは痛感などが完全に失われた場合

になります。

なお、この障害は単に「1手」と定められていますので、指に障害を受けた手が右手であっても左手であっても、認定される等級は同じです。

足の指に関する後遺障害が第9級14号・15号!

交通事故の後遺障害等級の第9級は、足の指を失った場合、2つの分類に分けられます。まず片足の親指を含む2本の指を失った(根元から切断)ケースは第9級14号です。そして片足の指の用を廃したものが第9級15号になるわけです。

“用を廃した”という表現は一般的な言葉使いではありません。これは単に指はついているけど、神経が切れてしまっって感覚がないといった意味ではありません。具体的には

  • 片足の親指の第1関節(末節骨)を切断してしまい、長さが2分の1以下になった場合
  • 片足の親指以外の指を全て第一関節から根元までの間で切断してしまった場合
  • 片足の指が根元から第一関節にかけて、動かせる範囲が2分の1以下になってしまった場合。

となります。足の場合も等級表には単に「1足」とありますので、右足と左足の区別はありません。

近年新設された傷跡に関する後遺障害が第9級16号!

交通事故の後遺障害等級表でいう“外貌(がいぼう)”というのは、手足を除いて衣服などで隠さず露出している部分のことです。具体的には「頭」、「顔」、「首」のことですが、問題なるのは「顔」だと思っていでしょう。つまりに顔に傷跡が残ってしまった場合、後遺障害の第9級16号に認定されます。

第9級16号でいう「相当程度の醜状痕」というのは、顔に5cm以上の線状の傷が、ハッキリ確認できる深さで残ったケースを指しています。
もともと顔に残る傷跡に関しては女性を対象にしていたのですが、近年男女平等の見地から等級が見直され、第9級16号が新設されました。ですから第9級16号に限らず、顔や首の傷跡の後遺障害に関しては、現在男女の区別はありません。

生殖能力に関する後遺症が第9級17号!

交通事故によって生殖器に深刻なダメージを負った場合に適用されるのが第9級17号です。男性器はその大部分が体外に露出しているので、怪我などで損傷を受けやすい傾向にあります。第9級17号が適用される症状は、

  • ペニスの大部分を欠損し、
  • 勃起障害になってしまったもの
  • 事故後、常態的に射精障害の症状が残ったもの
  • 膣口が狭くなったため、セックスが不可能と思われるもの
  • 両側の卵管に閉塞や癒着を残すもの、頸管に閉塞を残すもの、又は子宮を失ったもの

などになるわけです。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第9級は労働能力損失率35%と判断されています。ですから第9級になると自賠責保険の補償限度額は616万円と、第8級と比べると200万円ほど下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
弁護士基準の場合、最高4,300万円程度になるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP