自転車事故が社会問題に!?小学生の自転車事故で1億円近い賠償金も

自転車

自転車好きが増えています。自転車事故も増えています。

今、巷では自転車ブームを迎えています。東日本大震災時以降、通勤・通学で自転車を利用した人が増えたことは記憶に新しいことでしょう。

また、自転車レース漫画「弱虫ペダル」が大ヒットしたり、自転車ダイエットなど健康意識の高まり、長い距離を走ったり街を自転車でぶらぶらと散歩する「ポタリング」などの影響もあり、自転車に注目する人が急増中です。

ちなみに、内閣府の消費動向調査によると、日本における自転車の世帯普及率は既に1980年代に8割に達しています。2016年現在、軽量かつ高級なロードサイクル自転車・子供乗せ自転車、電動アシスト自転車などの自転車の売り上げが好評・人気を博しております。

知っていましたか?自転車は車両の仲間

道路を通るときは、人でも自転車でもすべて道路交通法という法律に従わなければいけません。クルマやバイクを運転するためには、自動車教習所に通い、試験を受けて合格しなければ乗ることはできません。自転車は、特に試験も必要なく、乗れたときが免許皆伝となります。

しかし、自転車は二つの車輪が付いた車両となり、自転車の立場は道路交通法では車両の一種 『軽車両』となります。

道路交通法第2条第1項第11号

「 自転車、荷車その他 人 若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車 ( そり及び牛馬を含む。 ) であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの 」

自転車の位置づけ

車両は4種に分類
  • 自動車
  • 原動機付き自転車
  • 軽車両
  • トロリーバス
軽車両は主に6種に分類
  • 自転車 ( 三輪以上 ・ 側車付き ・ 電動アシスト自転車 )
  • 荷車 ( 大八車 ・ リヤカー ・ 屋台など )
  • 人力車
  • そり ( 馬車、牛車など動物によって引かれるもの )
  • 山車
  • 「牛」「馬」「象」などの動物 ( 人間が乗っている場合 )

自転車にも交通ルールがあります。

小学校などでは、自転車の交通ルールを学ぶ機会を設けていますが、自転車は交通ルールを学ぶ場が少ないのが現状です。自転車を走らせるときは、歩くときとは違うルールなのです。その自転車のルールを守って走行している人は実に少ないです。そのため自転車事故が多く発生しています。

歩道がある道路を自転車はどこを走るの?

歩道と車道の区別がある道路では、自転車はどこを走るかご存じですか。自転車は軽車両になるため自動車と同じく車道の左側を走るのが原則です。車道でも、危険が少ない、歩道に一番近いところを走ります。

歩道がない道路を走る場合は、必ず左側の端を走ることになっています。車道の右側を走ると、向かってくる自動車やバイクとぶつかる確率が高くなり事故につながります。車道の右側通行は絶対にやめましょう

2015年6月1日から

自転車も厳罰・道交法改正が施行

自転車ブームの中、自転車に乗っている人は増えていますが、その一方、交通ルールを無視した目を覆いたくなる自転車の危険な走行が目立ちます。免許停止や罰金などのペナルティーを受けることが少ないためにこうした現状が続いているのでしょう。

そのため2015年6月1日から道路交通法が改正され、自転車の交通違反が厳罰化となりました。

これまでは、お巡りさんに注意される程度で済んだことが、きちんと違反と認識されるようになりました。

取り締まりの対象は14項目
  • 1.信号無視
  • 2.通行禁止違反
  • 3.歩行者専用道での徐行違反など
  • 4.通行区分違反
  • 5.路側帯の歩行者妨害
  • 6.遮断機が下りた踏切への立ち入り
  • 7.交差点での優先道路通行車の妨害など
  • 8.交差点での右折車優先妨害など
  • 9.環状交差点での安全進行義務違反など
  • 10.一時停止違反
  • 11.歩道での歩行者妨害
  • 12.ブレーキのない自転車運転
  • 13.酒酔い運転
  • 14.携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

言い訳できない自転車事故

高額賠償で自己破産することも。

自転車事故2015年、自転車も厳罰・道交法改正が施行されましたが、施行当時はおまわりさんなどが交差点などで取り締まりの強化を行っていました。道交法改正後約1年を迎えようとしていますが、自転車事故が減ることはありません。

近年は自転車事故の高額損害賠償が後を絶ちません。上記でも説明しましたが、自転車は道路交通法上で「軽車両」に位置づけられていることから、事故を起こしたときに多額の損害賠償を請求されることもあります。

小学生の自転車事故でも

保護者に1億円近い高額賠償というケースも。

大人の事故であれば本人が責任をとるのは当然です。自転車は子どもも乗ることができます。では、未成年が自転車で事故を起こした場合、どうなってしまうのか?親御さんの中には、自転車の事故なんてたいしたケガにつながらないでしょうと高をくくっている方もいるかもしれません。日本損害保険協会のホームページによると、以下のような判決が出ています。

賠償額9521万円

小学5年生の男子が夜間帰宅途中、自転車で坂道を走り降りた先で歩行中の女性62歳と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折などの損傷を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、2013年7月判決)

賠償額5000万円

女性高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、前方を歩行中の看護師の女性57歳と衝突。女性には手足がしびれる重大な障害が残った。(横浜地方裁判所、2005年11月判決)

賠償額4043万円

男子高校生が早朝、赤信号で交差点の横断歩道を走行中、出勤途中の62歳が運転するオートバイと衝突。男性は頭蓋内損傷で13日後に死亡。(東京地方裁判所、2005年9月判決)

未成年者が起こした事故では、本人に責任能力があれば未成年者自身が賠償義務を負い、責任能力がなければ親権者がその責任を負うことになります。

ながら運転は絶対にNG!

スマートフォンなどの普及、音楽端末などの登場で、ケータイを・メールを見ながら、電話しながらなど「ながら運転」の自転車事故が近年急上昇しています。危険な「ながら運転」は、歩道を歩く子供やシニア、ベビーカーや車いす人々にとって脅威でしかありません。事故につながる大きな一因です。

当然、ながら運転の事故は自転車運転者の過失となり、高額な賠償を支払うことにもつながります。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP