弁護士基準だと交通事故の慰謝料はどのくらい増額するの?

弁護士基準~どうして弁護士に依頼すると慰謝料が増えるの?

慰謝料の算定には、3種類あります。「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」です。
弁護士は、この中の弁護士基準を元に保険会社と交渉を行うため、弁護士に依頼するだけで慰謝料が大幅に増額される可能性があります。

算定基準の中で最も高い弁護士基準で交渉を行うため

下記の表で簡単に説明してありますが、自賠責保険・任意保険は耳馴染みのある言葉だと思います。弁護士基準は、自動車事故の過去の判例を元に算定されている基準で別名、裁判所基準と呼ばれています。

3種類の慰謝料支払い基準
自賠責保険基準 【慰謝料が最も低い】自動車害賠償。保障法に基づく自賠責保険金の支払額による基準
任意保険基準 【慰謝料は中間】各保険会社が、独自に設定している基準。保険会社により設定に開きがある。
弁護士基準 【最も設定が高い基準】過去の裁判の判例などを元に算出される基準。別名:裁判所基準。

自賠責保険基準とは

自賠責保険基準は、自動車(バイク)の運転手に義務づけられている自賠責保険の基準のこと。加入することを義務づけられている強制保険のため、事故被害者に対しての保障は必要最低限になっています。

この自賠責保険基準での慰謝料の支払い金額は、大抵の被害者にとって納得のいく金額とは言いづらく、大抵の(任意保険の)保険会社は任意保険基準での算定を行いますが、中には自賠責保険基準より少しだけ上乗せした程度の慰謝料を提示してくる会社もあるので、しっかりと見極める必要があります。

任意保険基準とは

任意保険基準は、それぞれの保険会社が独自に設定している基準のため明確な金額を記載することは出来ません。目安としては、自賠責保険基準と弁護士基準の中間あたりの金額に設定されている場合が多いようです。

保険会社や事故状況で大幅に金額が異なる

目安としては、自賠責基準と弁護士基準の中間と説明しましたが、実際のところ保険会社によって驚くほど違っているようです。それでも弁護士基準と比べると、大きな開きがあるため任意保険基準での慰謝料提示であったとしても、弁護士に相談する方が良いでしょう。

弁護士基準とは

弁護士基準は、交通事故の過去の(裁判)判例を元に算出した計算方法です。具体的な基準は、通常:赤本と呼ばれる本に「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」が掲載されています。

赤本の算定基準(弁護士基準)は、実際の裁判でも重視されるほど信頼性が高く、もし裁判になった場合の賠償額に近い数字だと考えられています。

弁護士基準だと、自賠責保険基準よりも金額が大きい

下記の表を比べて見れば、一目瞭然。圧倒的に弁護士基準が高額になっているコトがわかると思います。

等級 自賠責保険基準 弁護士基準
1級 1,100万円 2,800万円
2級 958万円 2,370万円
3級 829万円 1,990万円
4級 712万円 1,670万円
5級 599万円 1,400万円
6級 498万円 1,180万円
7級 409万円 1,000万円
8級 324万円 830万円
9級 245万円 690万円
10級 187万円 550万円
11級 135万円 420万円
12級 93万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

この弁護士基準で交渉を行うことができれば、大幅に慰謝料が増額になるのは、当たり前でしょう。

弁護士基準と他の基準で慰謝料の金額は、どのくらい違う?

14等級で自賠責保険基準と弁護士基準で3.4倍の差が!?

単純に(上記の表)後遺障害14級で比べてみると、自賠責保険基準:32万円・弁護士基準:110万円となっており、3.4倍も後遺障害慰謝料が変わっています。
これは、後遺障害の慰謝料のみの算定になるため、他の入通院慰謝料や通院付添、将来の手術などを含めると大幅に変わってきます。

解決事例によっては、10倍以上の増額になったものも

当サイトに掲載している各弁護士事務所ページにある”解決事例”を見て頂けくと、イメージしやすいかと思います。弁護士に相談した結果ほとんどの場合、慰謝料が約3倍以上の増額になっています。また、等級が一桁の後遺障害に関しては、5~10倍以上の増額になった事例もあります。

弁護士に依頼せずに自分で弁護士基準で交渉できないの?

一般人が、弁護士基準で交渉するのは難しい

交渉の相手は、何件もの示談交渉を行っているプロの交渉人”保険会社”の担当者です。そのプロの交渉人を相手に、示談交渉が初めての一般人が”弁護士基準”を持ち出して対等に交渉するのは、非常に困難と言わざるおえないでしょう。
もちろん不可能ではありませんが、交通事故の治療や後遺症の通院で時間も限られている中で、頑張って知識を蓄えて交渉するよりも弁護士に依頼することで「時間・増額・安心」の3つのメリットを得るコトが出来ます。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:261事務所
  • 相談件数:30,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

保険会社に疑問を感じたら相談!相談件数23,000件以上
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP