交通事故に巻き込まれた場合の弁護士の選び方~相性の良い弁護士を選ぶ~

名刺

結果だけを求めるなら話は別だが、弁護士選びでは人間性や相性を重視すべきだ。示談交渉はある程度の期間が必要で、後遺障害が残るような負傷を負った場合は長いつきあいになります。経験や能力も必要だが、被害者のために親身になって動いてくれる弁護士を探いましょう。

交通事故でお悩みなら弁護士に相談

交通事故被害者の相性の良い弁護士の選び方

慌てずに、複数人の弁護士と面会することが大事

交通事故の被害者となってしまい、示談交渉や後遺障害の認定を行う時、また調停や裁判になってしまった時など、弁護士の力を借りることが有効で、また必須となる場合もあります。

弁護士を選ぶ時に考慮するべき条件は、まず地域性です。

何度も交渉を重ねる必要があるため、いくら優秀な弁護士を選んでも、遠隔地からの弁護活動は非常に難しいものとなります。そして弁護士の経験や能力、金額が選定の基準となることは簡単に想像がつくかもしれませんが、忘れがちなのが、弁護士との相性です。

被害者自身に合った人柄や人間性を持った弁護士でないと、すべてを信頼して交渉を続けることは、精神的に辛いものとなってしまいます。

どうすれば相性の良い弁護士を探し当てることができるのかを紹介します。

弁護士の選び方で大切なことは?

まず、慌てないこと。じっくりと探しても大丈夫

交通事故の被害者にとって、弁護士選びのコツの一つは、最初に会った弁護士とすぐに契約しないことです。もちろん、たまたま運良く最初に出会った弁護士が、経験も能力も優れていて、なおかつ人格者で、被害者にとって最高の弁護士だという可能性はあります。

しかし、日常的に弁護士という職業の人間に接する機会が少ない方は、慌てずに弁護士を選ぶことをおすすめします。

少なくとも2人以上の弁護士に会うことをお薦めします。

時間的余裕はあるので、慌てずに弁護士を探すこと

本来ならば、交通事故直後に弁護士に依頼し、手続きを最初から行ってもらうのが最善なのですが、死亡事故や被害者の意識がないような重傷を負った事故の場合を除き、それほど慌てる必要はありません。

事故直後に弁護士を探す必要に迫られるのは加害者の方で、一般的には刑事訴追される可能性が大きい場合に限られます。

刑事手続きには時限があり、ゆっくり弁護士を探している暇がないのです。

被害者として、保険会社の担当員と対等に示談交渉を進めるために弁護士に依頼する時は、示談書にサインさえしなければ時間を引き延ばすことは可能ですので、慌てずじっくりと弁護士を探しましょう。

交通事故の知識や弁護士能力は、どうやって確認すればいい?

交通事故に遭ってしまい被害者となり、初めて弁護士の元を訪れ、自身に法律の知識がほとんどない状態で、その弁護士に知識や能力があるかどうかなんて、判断できないのが普通です。

面と向かって「交通事故の示談交渉は得意ですか?」「後遺障害等級認定で希望する等級を獲得したことがありますか?」なんて質問をぶつけてみても、判断材料になるような返事が返ってくるとは思えないばかりか、弁護士の心情を悪くしてしまいかねません。

事前にインターネットで調べてみること

このコラムを読んでいるということは、少なくともインターネットを使って弁護士を探そうとしている人だと思いますので、実際に弁護士を訪問する前に、弁護士の情報を検索してみてください。

自分でホームページを開設している弁護士ならば、これまで携わった案件についての記載があると考えられますし、得意分野を強調しているものもあるはずです。

ブログやFacebook、Twitterといったものがあれば、日頃どのような弁護活動を行っているのか、また性格や人間性もうかがい知ることができるでしょう。また、第三者のコメントによって、実際に依頼した時の様子が分かるかもしれません。

遠慮せずに、弁護士に質問を投げかけてみること

上記のように、ストレートに得意分野や実績を聞くのではなく、示談や後遺障害についての状況説明をして、質問を何気なく投げかけてみてください。

例えば、交通事故の状況や怪我の具合を説明して「こういう場合の損害賠償金額はいくらくらいになるのでしょうか?」「自賠責や任意保険の保険金はどのような手続きで受け取れるのでしょうか?」などの質問に対して、きちんと答えられれば、交通事故に関してそれなりの経験を積んだ弁護士だと考えられます。

回答にかなりの時間がかかり、基本的なことでも調べないと分からないようでは、依頼を避けた方が良いでしょう。しかし一方で、自信ありげに一発回答!といった弁護士には注意が必要です。

交通事故には同じ事故というものがありません

交通事故被害者の説明を少し受けたくらいでは、正確な回答を導き出すのは不可能なのです。

調べなければいけないことはきちんと調べて、できることはできる、即答できないことは即答できないと、誠意を持って接してくれる弁護士こそが信用できるのです。弁護士費用についても、簡単明瞭に答えてくれることが条件です。

交通事故被害者が依頼を避けるべき弁護士とは

弁護士といっても、経営方針や仕事の進め方、あるいは人柄など、本当にさまざまなタイプの弁護士がいます。何人かの弁護士に会うと、その事は実感できます。

そして、テレビドラマなどに出てくる、悪徳弁護士は本当にいるのでしょうか?

いくつかのチェックポイントを押さえて依頼すれば、嫌な思いは極力避けることができるでしょう。

弁護士に依頼する前に確かめておきたいチェックポイント

まず、弁護士が上から目線で依頼者に対応していないかどうか、です。弁護士費用は、2004(平成16)年に自由化されました。そのため、昔のように殿様商売をして、偉い先生風情で依頼者と接する弁護士は減ってきたと言われています。

しかし一部にはまだ、下手な質問をすると機嫌を損ねたり、こんなことも知らないのかという顔をしたりする弁護士がいるようです。

特に、損害賠償金額が少額となるような依頼に対して、まともに取り合わないような弁護士は避けた方が良いでしょう。

次に、契約の内容や料金を明確に説明してくれるかどうか、となります。

言葉は丁寧でも、契約の内容や料金を細かく説明してくれない弁護士もいるようですので、依頼者自身が納得いくまで説明をしてもらえるような弁護士を選びましょう。但し、弁護士の相談には時間制限があることが多いので、その点には注意しておきましょう。

悪徳弁護士を避けるためには?

弁護士は、戒告、業務停止、退会命令、除名などの懲戒処分を受けることがあります。例えば、案件を放置したままにしていたり、保険金を着服してしまったりした場合に受ける処分です。しかし、一時的に活動が制限されていても、業務停止期間を終え、現在は普通に弁護士活動に戻っている場合もあります。

過去に懲戒処分を受けていないかどうかは、インターネットで調べることができるので、検索してみてください。しかし、中には依頼者の利益を最優先に考え行動した結果、懲戒の対象となってしまったケースもありますので、内容を確認してから利用するようにしましょう。

弁護士の選び方で最も大切なことは「相性の良さ」

交通事故被害者の弁護士選びで一番肝心なのは、弁護士との相性で、腹を割って話せる弁護士を選ぶことが最も良い選び方です。

経験や能力といった条件はありますが、弁護士と依頼者との相性を優先した方が、依頼者にとって納得のいく結果が得やすいのではないでしょうか。

弁護士には、生活のすべてをさらけ出して話すこともある

交通事故の示談交渉を依頼するということは、負傷を含めた被害者自身の身体の状態、事故前に行っていた仕事や収入の明細、また家族関係なども、必要となれば情報を提供しなければなりません。

弁護士には守秘義務があるとはいえ、そこまで情報を開示してしまうのですから、信頼が置けて、最も話しやすい、相性の良い弁護士を選ぶのがベストと言えるでしょう。

また交渉においては、弁護士も依頼者に言い辛いことをハッキリと説明しなければならない状況も出てきます。

お互いに信頼し合える、相性の良い弁護士をじっくり選ぶのが肝心です。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:290事務所
  • 相談件数:40,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP