交通事故の初期対応~③相手の身元と事故の状況確認をしよう~

交通事故後の対応

交通事故が発生してしまい、当事者となってしまったらまず消防と警察に通報。そして双方が到着するまでの間は、現場には事故当事者しかいなくなる。怪我をしている場合に無理は禁物だが、できるだけ自分で事故状況の確認や記録を行っておくことが重要です。

交通事故でお悩みなら弁護士に相談

警察官が到着するまでの数分間は、可能な限り事故状況を自分で記録する

交通事故が発生し当事者となってしまった場合、最初に行うことは負傷者救護と警察への通報です。事故現場で負傷者がいれば緊急措置を行って救急車を要請し、二次災害を防止するための措置を講じた後、警察に通報します。

その後、救急車や警察官が到着するまでの数分間、何をすれば良いのでしょうか?

救急車や警察官が到着するには何分かかる?

2015年の消防白書によると、2014(平成26)年救急車の現場到着所要時間は8.6分

救急車が到着するまでまた同年の警察白書によると、110番通報後のリスポンス・タイム(通信指令室が110番通報を受理し、パトカーなどに指令してから警察官が現場に到着するまでの所要時間)は7.0分とされています。

待ち時間は意外と長いことを知っておく

これらの数値は平均値であって、警察署の目の前で交通事故が起きればすぐに警察官が駆け付けるだろうし、人里離れた山中ではもっと長くなると考えられます。

また事故発生の時間帯により交通事情も違い、事故が多発している時には遅くなることもあるでしょうし、ある程度の時間がかかると知っておいた方が良いでしょう。

非常に重要な、事故当事者しかいない時間帯

交通事故が起こり、救急車や警察官が到着するまでの間、現場には事故の当事者と目撃者しかいません。

交通事故当事者がこの時間をどう使うかで、その後の事故処理や示談交渉が順調に進むのか、紛糾してしまうのかが決まってしまうと言っても過言ではありません。但し、以下に列挙する事故後に行うべきことは、事故当事者の怪我が軽傷で、普通に歩いたり話したりできる時のものです。

通常の会話ができないような重傷を負っていた場合は、負傷者の救護を第一に行動してください。

交通事故当事者の身元を確認する

最初に、事故を起こしてしまった相手の身元確認を行います。

人生に一度あるかないかの交通事故を起こしてしまった時、その相手と冷静に話をするのは難しいかもしれませんが、まずは落ち着いて双方の名前を確認しましょう。

保険のためと割り切ってお互いの身元を確認

事故直後は、どちらが加害者か被害者かが明確でない場合もあります。自分の過失だと思い込んでいても、実は相手が交通違反を起こしている可能性もあります。こういう時には、保険の申請を行うためと割り切って、名前と連絡先を交換しましょう。

念のため、免許証を見せてもらったり、名刺をもらったりして、聞き間違いがないか、本当に聞いた名前で合っているのか確認しておくのも大切です。

メモがない場合は、携帯電話やスマートフォンを活用する

名前と連絡先を聞いたとしても、その後警察の聴取を受けたり病院に行ったりしている間に忘れてしまっては意味がありません。

メモを取って確認するのが良いのですが、車にメモとペンを備えている運転者は少ないでしょう。メモが取れない時は、携帯電話やスマートフォンの録音機能を利用して、後で聞き直せるようにしておくことが必要です。

カメラ機能を利用して免許証の写真を撮るのも良いのですが、相手とトラブルになることも考えられるので、無理やり撮ることは避けましょう。

示談交渉を進めていくうえで、相手との関係性を良好にしておくことも大切です。

名前も連絡先も教えてくれない場合は?

交通事故の当事者となってしまえば、人身事故または物損事故にかかわらず、加害者は被害者に損害賠償を行う必要があるため、連絡先を交換するのが当たり前です。しかし、何らかの事情で、自分の名前を明らかにしたくない人はいるようです。

事故直後で気が動転して、自分が事故を起こしたと認めたくないと混乱しているのかもしれません。あるいは、業務中に事故を起こしてしまい、会社に知られたくない、または免許取り消しはなんとしても避けたいなどの事情が考えられます。

いずれ警察官が到着するのですから、無理矢理聞き出すことは控えて、車や車両ナンバーをメモするか、携帯電話やスマートフォンで撮影しておきましょう。

事故相手のあらゆる情報を記録しておくことが重要

業務中の事故と思われるケースでは、事故相手の名刺をもらっておくことも必要です。

事故を起こした車が会社の所有物だった場合で、相手が加害者であった場合、示談交渉は当人だけではなく、会社との交渉になることもあります。こちらから名刺を渡したり、名乗ったりすれば、相手も名刺を渡すことに抵抗が少なくなると思われます。

事故相手の保険会社を確認する

事故相手が加入している保険会社も確認しておくと、よりスムーズに示談交渉が進みます。示談交渉では、加害者となった運転者ではなく、保険会社の代理人が話し合いを進めるケースがほとんどです。

いきなり知らない保険会社の担当者から連絡が入り、相手のペースで示談交渉が進められてしまわないように、心構えをしっかりとしておきたいところです。

現場の状況はしっかりと記録しておく。画像にも残しておこう!

救急車や警察官が到着する前に済ませておいた方が良いもう一つのポイントは、事故現場の記録です。

事故が起こった状況をそのまま記録しておくことが望ましいのですが、事故当事者は負傷者救護と、危険防止措置という二次災害を防ぐための行動が義務付けられているため、実際の事故後の現場とは違うかもしれません。

しかしタイヤのブレーキ痕や路上に散らばっている車体の破片などは、事故状況を示す重要な証拠となるので、しっかりと撮影しておいた方が良いでしょう。

証拠隠滅を図る加害者への対応

性質の悪い加害者は、タイヤのブレーキ痕を足で消そうとしたり、破片を除けたりして何気なく証拠隠滅を図ることもあるようです。このような行動を注意すると逆ギレされる可能性が高いため、加害者の行動を撮影しておくのもひとつの手段です。

携帯電話やスマートフォンでは動画も撮れるため、きっちりと不正行為を記録しておきましょう。

ドライブレコーダーを活用しよう!

近年、自動車に取り付けるドライブレコーダーの低価格化が進み、一般車両にも多く取り付けられるようになりました。

録画タイプも多様となり、常に録画している常時録画型、衝撃を受けた時だけ録画する衝撃感知型(トリガータイプ)、常時録画と衝撃感知型を組み合わせた製品もあり、自動車の状況をさまざまな角度や方法で録画できるようになりました。

交通事故の瞬間はもちろん、その後の事故当事者のやりとりも録画できるようになり、証拠隠滅などの不正行為を明らかにするための重要なツールとなっています。

めったに起こらない事故のためにドライブレコーダーを装着するのは煩わしいかもしれませんが、今はドライブ旅の記録なども残せる便利機能もあり、すべての運転者にお勧めのツールになっています。

より信頼性の高い第三者、目撃者の協力を得る!

事故の目撃者を確保できればベストです。

交通事故に限らず、当事者とは利害関係のない第三者の証言は警察や保険会社に信頼されます。加害者と被害者、どちらにも有利になる可能性はありますが、より正当な過失割合の算定や損害賠償金の算出に重要となります。

本来なら警察が目撃者を確保するのですが、110番通報を行ってから警察が到着するまでの間、放っておけばその場を立ち去ってしまうことも多いので、声をかけて連絡先だけでも聞いておくことが大切です。

決して無理をしないで、救急車と警察の到着を待とう

警察が到着するまでの数分間で行うべきことは以上ですが、事故に遭った双方の関係者が大きな怪我を負っていないということが前提です。

たとえ加害者でも大きな怪我を負っていたら、名前を聞くよりも救護を優先すべきですし、自分も怪我をしていたら傷口を広げることのないようにしましょう。

くれぐれも自分自身で可能な範囲にしてください。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:290事務所
  • 相談件数:40,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

保険会社に疑問を感じたら相談!相談件数27,000件以上
弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP