過失割合が100:0になる交通事故~被害者に有利な割合だが、注意点もある!~

交差点

走行している自動車同士の交通事故の場合、過失割合が100:0となるケースは少ない。しかし事故件数が比較的多い追突などの場合は100:0となることがある。損害賠償請求において被害者が圧倒的優位になるが、保険会社は示談を代行してくれないなど注意点もあります。

「過失割合」が100:0となる交通事故の被害者となってしまった場合

弁護士に示談交渉を依頼しよう

「過失割合」が100:0となる事故とは、当事者の一方にまったく過失責任がないと見なされ、損害賠償においては加害者が全額を支払うことになるものです。一般的には「もらい事故」と呼ばれるような追突事故、対向車がセンターラインオーバーしてきて接触や衝突が起こったといったものが該当します。

自動車同士、または自動車対二輪車、自動車対自転車などの事故において、当事者双方が走行中の場合、一方の過失責任が0となることは少ないとされていますが、追突事故などの「もらい事故」は交通事故件数の3分の1を占めているという統計もあり、自動車の運転者としては無関心ではいられないものです。

また、「過失割合」100:0の交通事故の示談交渉は、被害者自身が加入する保険会社が代行することができません。

弁護士の力を借りなければ妥当な交渉はできないと考えられますので、加入する任意保険には弁護士特約を付けておきたいものです。

自動車と歩行者の事故で「過失割合」が100:0になる事故は?

自動車と歩行者との交通事故では、優者危険負担の原則により、自動車により重い過失責任が課せられるのが普通ですが、「過失割合」が100:0になるケースは意外と少なく、なんらかの修正要素が加えられることが多いことを知っておきましょう。

信号機が設置されている横断歩道での事故

信号機が設置されている横断歩道を歩行者が渡っていた時に自動車との事故が起こった場合、歩行者が青で横断を開始し、自動車が赤で横断歩道を直進したというケースで(自動車)100:0(歩行者)という「過失割合」となります。

また、歩行者が青で横断を開始し、自動車が青で交差点に進入し右左折を行い事故が起こったケース、そして歩行者が青で横断を開始し途中で赤に変わった時、車が赤で横断歩道を通過したケースでも(自動車)100:0(歩行者)となります。

一方、信号機のある横断歩道では、歩行者が黄で横断を開始した場合、自動車が赤で横断歩道を直進しても歩行者に10%の「過失割合」が課されます。

信号機が設置されていない横断歩道での事故

信号機が設置されていない横断歩道を歩行者が渡っていて自動車との事故が起こった場合、通常の横断歩道上であれば、「過失割合」は(自動車)100:0(歩行者)となります。しかし横断歩道上ではなく、横断歩道の付近を渡ろうとして事故が起こった場合、(自動車)70:30(歩行者)となります。

この他にも「過失割合」が100:0となるケースがありますが、歩行者の注意義務違反も問われ、損害賠償においては過失相殺が行われることが多いのです。

自動車対自転車の交通事故で「過失割合」が100:0になる事故は?

自動車と自転車との交通事故では、歩行者の場合と同様に、優者危険負担の原則により自動車により重い過失責任が課せられるのが普通ですが、「過失割合」が100:0になるケースは意外と少なく、なんらかの修正要素が加えられることが多いのです。

信号機が設置されている交差点での事故

信号機が設置されている交差点において、自動車と自転車の双方が直進して交差点に進入した場合、自動車の信号が赤、自転車の信号が青のケースにおける「過失割合」は(自動車)100:0(自転車)となります。

また自転車が直進していて、自動車が追い越して左折を行った時に起きた事故においても、「過失割合」は(自動車)100:0(自転車)となります。

信号機が設置されていない交差点での事故

信号機が設置されていない交差点での、自動車と自転車の事故においては、自転車が直進していて、自動車が追い越して左折を行ったケースのみ「過失割合」が(自動車)100:0(自転車)となります。

自転車は弱者として守られる立場にありますが、あくまでも車両(軽車両)であるため、走行中の事故に関しては何らかの過失責任が問われると考えた方が良いのです。

自動車対二輪車の交通事故で「過失割合」が100:0になる事故は?

自動車と二輪車(バイク)の交通事故において「過失割合」が100:0となるケースはさらに少なくなります。

信号機が設置されている交差点での事故

二輪車が矢印信号青で右折して交差点に進入し、車が赤で進入してきて起きた事故では「過失割合」が(自動車)100:0(二輪車)となります。

上記に挙げたケースは一例ですので、自分が巻き込まれた事故の「過失割合」が100:0となるのかどうかは、弁護士など専門家に相談し確認することをお薦めします。

自動車同士の交通事故で「過失割合」が100:0になる事故は?

自動車同士の交通事故で「過失割合」が100:0となる代表的なケースは、追突、センターラインオーバー、赤信号無視です。

それぞれのケースを具体的に見ていきましょう。

信号待ちで後方から追突された事故

信号が赤で停止線にきちんと停止していた自動車に、後方から走行してきた自動車が追突した場合の「過失割合」は、(後方から追突した自動車)100:0(停止していた自動車)となります。

また走行中においても、前方を走行している自動車が危険回避行動などで急ブレーキを踏んだ場合でも、後方から走行してきた自動車が追突すれば、「過失割合」は(後方から追突した自動車)100:0(前方の自動車)となります。

前方の自動車が必要な急ブレーキを踏んだのであれば、適切な車間距離を保っていなかった後方の自動車の過失責任が問われるのです。

センターラインオーバーによる事故

センターラインが引かれている道路において、センターラインをオーバーした自動車が対向車と衝突した場合の「過失割合」は(センターラインオーバーの自動車)100:0(正しく走行していた自動車)となります。

センターラインオーバーはよほどのことがない限りあり得ないと考える人が多いかもしれませんが、停車中の自動車を避けるため、乗降中のバスを追い越すため、二輪車(バイク)や自転車を追い越すため、といったケースでセンターラインを越えることは頻繁にあります。

このようなケースで起きた事故では「過失割合」が100:0になると知っておけば、無謀な運転を減らすことにもつながるかもしれません。

信号機が設置されている交差点での事故

当事者双方が直進していて、信号が赤の自動車と青の自動車が事故を起こした場合の「過失割合」は(信号が赤)100:0(信号が青)となります。

また、右折する自動車が右折車専用矢印信号青で右折し、信号が赤で直進してきた自動車と事故を起こした場合の「過失割合」も(信号が赤)100:0(矢印信号が青)となります。

一方で、信号機のない交差点においては、双方に注意義務や回避行動など事故を避けるための責任が問われるため、100:0となる典型的なケースはありません。

「過失割合」は判例を元にした基準

「過失割合」は、あくまでも過去の判例を基準とし、保険会社が決めるものです。

交通事故の当事者となってしまった場合、保険会社が提示した「過失割合」が正当かどうか確かめようとすると、自身の事故によく似たケースの判例を当てはめてみて確認することになりますが、実際の事故と場所や状況が完全に一致しているわけではありません。

運転者の技量も違えば、天候や道路状況がまったく同じ事故はあり得ず、「過失割合」が100:0になるケースだと思われても、状況次第では修正要素が加えられる場合があります。

過失割合に納得がいかないなら、弁護士に相談を

交通事故に巻き込まれてしまい、保険会社の示す「過失割合」に納得がいかない場合には、弁護士などの交通事故の専門家に相談し、本当に妥当な割合なのかどうかを確認することをお薦めします。

特に、繰り返しになりますが、「過失割合」100:0の場合は被害者側の保険会社が示談交渉を行ってくれません

弁護士特約などを利用して、交渉のサポートを受けましょう。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:265事務所
  • 相談件数:30,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

完全成功報酬で依頼者の「納得」を導きます!
弁護士法人・響
弁護士法人・響

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP