高速道路での交通事故の過失割合~一般道との違いとは~

高速道路

高速道路特有の交通事故事例もある過失割合

高速道路(自動車専用道を含む)での交通事故は、基本的に一般道における、同方向へ走っている自動車同士の事故と過失割合は同じです。

高速道路特有の交通事故のケースも

たとえば合流地点で発生する交通事故や落下物が原因で起きる事故、あるいは進入が禁止されている歩行者との事故です。

合流地点における交通事故の過失割合

交差点のない高速道路で、交通事故が起きる可能性の最も高いのは、低速の車が高速道路の本線に合流する合流地点でしょう。一般道から高速道路へ進入する合流地点だけでなく、インターチェンジやサービスエリア、あるいはパーキングエリアなど、高速道路で速度の違う車両が合流するポイントは意外に多かったりします。

過失割合が高くなるのは?

こうした高速道路の合流地点での交通事故ですが、基本的に過失割合が高くなるなるのは、“本線に進入しようとした側”です。高速道路、一般道に限った話ではありませんが、やはり交通事故の過失割合は、同じ車線を走り続けている車両より、実際に車線変更をする側のドライバーの方が重くなる傾向にあります。

合流地点で事故をおこした車両が自動車同士だった場合

過失割合の基本は、合流しようとした自動車のドライバーが70%、本線を走行してきた自動車のドライバーが30%です。また歩行者ほどではありませんが、自動車に比べて交通弱者とされる二輪車の場合だと、同じ合流地点で起きた事故でも過失割合は若干変わってきます。

合流しようとするのが二輪車だった場合

過失割合の基本は、二輪車が60%で本線を走っていた自動車のドライバーは40%です。逆に合流しようとしたのが自動車で、本線を走っていたのが二輪車だと、自動車のドライバーの過失割合が80%、二輪車の方は20%となります。

落下物によって発生した交通事故の過失割合

前方を走る車両が、荷物を道路上に落として、後続車がそれを避けきれず事故を起こすというパターンです。こうした事故は一般道でも起きるのですが、事故例としては高速道路で起きた事故としてよく聞くケースでしょう。

これはやはり一般道はどちらの車両も、それほどスピードは出していませんので、仮に荷物が落下してもそれほどの大事故には繋がらないことが多いからだと思われます。

落下物ありでも後続車の追突は、後続車にも責任あり

車間距離注意高速道路で先行車が落下物を落とし、後続車が避けきれずに事故を起こした場合の基本的な過失割合は、先行車のドライバーが60%、そして後続車が40%となります。

道路上に障害物(荷物)を落とす先行車の方が、もっと責任があるようにも思えますが、後続車は後続車で前方に発生した障害を、安全に回避できるだけの車間距離を作っていなかったという過失があるわけです。

歩行者との交通事故における過失割合

自動車専用道を含む高速道路に歩行者は進入できないことになっています。とはいえ、高速道路上に歩行者が絶対いないかといえば、そうでもありません。故障や事故など様々な理由で乗ってきた車から出て、高速道路上に歩行者が現れることはよくある話です。

歩行者を交通事故を起こしてしまった場合

過失割合は歩行者がどこにいたかで変わってきます。歩行者が高速道路上を歩行していたり、道路を横断しようとしていたケースだと、歩行者が80%で自動車のドライバーが20%です。一方、事故車や故障車両の傍に歩行者が立っていた場合だと、過失割合の基本が歩行者が40%、自動車が60%となります。

過失割合はあくまで基準

納得いかないなら弁護士に相談しよう!

書籍やネットで得られる過失割合は、過去の裁判の判例に基づくものです。したがって事故の当事者となってしまった場合、それとよく似た判例の過失割合を当てはめてみるわけですが、実際の事故と場所や状況が完全に一致しているわけではありません。

自分が交通事故に巻き込まれてしまったとき、保険会社の示す過失割合に納得がいかない時には、弁護士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP