交通事故の「過失割合」とは?~事故の責任の割合~

交渉

過失割合とは、交通事故を起こした責任の重さを表し、一般的には90:10、60:40といった割合で示される。この数字が大きい方が原則として加害者と呼ばれ、過失割合で相殺した損害賠償金を支払うことになる。加害者の責任がすべてとなる100:0の場合もあります。

交通事故でお悩みなら弁護士に相談

「過失割合」は事故当事者の責任の割合を示すもの

保険会社が決めるが、必ずしも従う必要はない

交通事故の損害賠償交渉を進めるうえで、保険会社が提示する「過失割合」に対しては、加害者も被害者も、それぞれの立場からみて、満足がいかない、納得がいかないことが多くあります。

事故の責任がどれくらいの比率で加害者にあるのか、そして被害者にも落ち度があるのかどうか、を「過失割合」は示しているのですが、加害者としては相手も悪い、被害者としてはこちらに責任はまったくないとお互いに主張し、紛糾するケースが多いのです。

「過失割合」の意味を知り、不要な紛糾を避けよう

この「過失割合」の数字をめぐって示談交渉が長引き、加害者と被害者の主張が対立したまま長期にわたって話し合いがまとまらず、やがて調停や裁判にまで発展してしまうことも珍しくありません。「過失割合」がどういうものなのか、どのような場合にはどのような割合になるのか、交通事故に遭う前に知っておくことは大切です。

また、実際に事故に遭ってしまった場合に、納得できる「過失割合」を引き出すための措置も重要になってきます。

「過失割合」に関する知識をしっかりと身につけておきましょう。

「過失割合」とは?

交通事故が起きると、その事故がなぜ起きたか? という原因が問題になります。

自動車や二輪車の単独事故の場合は、ほとんどの場合は事故を起こした運転者のせいだということが明らかになりますが、自動車同士の事故、自動車対二輪車、自動車対歩行者、自動車対自転車といった、「○○○対○○○」といった当事者が2つ以上絡んだ交通事故になると、事故を起こした責任はどちらにあるか? を決めるのは難しくなります。

渋滞の最後尾で、後続車に注意を促すためにハザードランプを点滅させていたにもかかわらず、その車に追突してしまったようなケースであれば、事故を起こした責任は前方不注意で突っ込んだ方が100%の責任を負うことになります。

交通事故の原因や責任を明らかにするのは難しいが…

交通事故が起きた際、自動車の運転者が事前に危険を察知できなかったとか、あるいは歩行者に気づくのが遅れたとか、理由はさまざまですが、これらを明らかに数値化できるものはありません。

また、歩行者の場合は、きちんと交通ルールを守っていて、より自動車に注意を払っていたら、もしかしたら事故を回避できたのではないか、などの見方も出てくるため、一概に自動車だけが事故の責任を負うべきだとは言えない状況も考えられます。

交通事故では、当事者双方に責任があるとされるのが通例

民法の第709条には、不法行為について、以下の通り定められています。

民放 第五章 不法行為

(不法行為による損害賠償)

第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

交通事故においては、人身事故や物損事故の区別なく、事故を起こして相手の利益を侵害した者が、損害賠償の義務を負うことが定められているのです。しかし一方で、交通事故を起こした当事者は、加害者だけが一方的に責任を負わなければならないケースは、特定の形の事故に限られるのです。

被害者にも、少しは事故を起こした責任があるとされるのが通例です。この際、責任の割合を示す数値が、「過失割合」なのです。しかしながら当然、一方にはまったく責任がないケースも存在しますので、当該ページを参考にしてください。

交通事故の「過失割合」は何に利用されるのか?

「過失割合」は、交通事故の責任の割合を示す数値ですが、何のために存在するのかを説明します。

一般的には、「過失割合」の数字が大きい方が、例えば「過失割合」が80:20であれば、80の方が加害者と呼ばれます。これは損害の程度や当事者が負った負傷の程度で決められるわけではなく、あくまでも交通事故が起こった状況で判断されることに注意が必要です。

交通事故によって自動車が大破して大怪我をし、事故の相手方は自動車も運転者も無傷なのに、「過失割合」は大怪我をした当事者の方が高いという可能性もあるのです。このような場合には示談交渉が非常に難しくなるので、当事者の双方にとって弁護士など専門家の力を借りるべき事故と言えます。

交通事故の被害者であっても責任を問われるケースがある

「過失割合」は、その割合がそのまま損害賠償を負担すべき割合になります。

先に述べた通り、加害者が一方的に責任を負わなければならない過失割合が100:0の事故であれば、被害者に発生した損害はすべて加害者が補償しなければなりません。しかしたいてい交通事故では、当事者の双方になんらかの不注意や過失はあったと判断されるのが実情です。

「過失割合」が90:10、あるいは80:20といった場合、被害者にも10%あるいは20%の責任があるため、事故による損害の全額補償を受けることはできない、ということになるのです。

交通事故の損害賠償において、過失は相殺されることに留意

この際、相手の過失責任による相手の損害は、加害者側であっても負担する必要はないという考え方から、被害者の過失責任に相当する部分の損害賠償金は支払わなくてよいという判断が行われます。

例えば、「過失割合」が80:20だった場合、加害者は被害者の損害賠償額のうち80%だけ支払えば良いという事になります。

また、どちらの当事者が事故の原因を作ったか分からないような場合は、「過失割合」が50:50となり、どちらの責任も同程度であるから損害賠償は折半にしましょうという結論になってしまうこともあります。

この際、割合の数値だけで示される「過失割合」が、別の問題を引き起こすこともありますので、当該ページを参考にしてください。

交通事故の「過失割合」の適用のされ方は?

「過失割合」は、損害賠償金額を決める際に大事な数値となってきます。

上記のように補償金額は相殺され、その割合に応じて被害者が受け取る損害賠償金が減額されるのです。

例えば、慰謝料や逸失利益などすべての補償金を合計して500万円であった場合、単純に計算して、被害者が受け取れる金額は次のような式で求められることになります。

過失割合の適用例「賠償額が500万円の場合」
過失割合が80:20の場合 500万円×(1-0.2)=400万円
過失割合が50:50の場合 500万円×(1-0.5)=250万円

このように「過失割合」は、損害賠償金額を決める示談交渉において、非常に重要なものとなってきます。

交通事故の「過失割合」はどのように決められるのか?

「過失割合」は、被害者が損害賠償を受けるうえで非常に重要なものですが、被害者自身がその割合決定に関与することは原則としてできないのが実情です。

交通事故の「過失割合」は、保険会社が決定する!

交通事故において当事者双方に過失責任があり、かつ損害賠償が発生する交通事故においては、通常の場合「過失割合」はその当事者が加入している保険会社の話し合いで決められます。

この話し合いは、交通事故の状況を元にして、過去の裁判例などを参考にして決定されていると考えられます。その際、参考にされているのは判例タイムズ社が発行する「判例タイムズ」という書籍です。

この書籍の紹介については、当該ページを参考にしてください。

保険会社の「過失割合」を鵜呑みにしない!

「過失割合」は保険会社同士の話し合いで決まることが多いのですが、必ずしもその決定に従う必要はありません。

過去の判例を参考にした結果とはいえ、まったく同じ交通事故はありませんので、当然被害者が反論する余地はあるのです。

現在ではかなり細かい事故の事例まで取り決められ、自分が交通事故に巻き込まれた場合でも、そうした過去の判例に基づいた「過失割合」と言われれば諦めてしまう方も多いでしょう。しかし「過失割合」は解釈によって左右されるケースも珍しくなく、過去の判例や適用を知っておけば、保険会社の言いなりにならなくて済むこともあるのです。

とはいえ、交通事故に遭って被害者になったばかりの人が、判例を研究して加害者の交渉代理人である保険会社の担当員と交渉するのはかなりハードルの高いものです。

交通事故に強い弁護士などの専門家に相談するのが得策と言えます。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:290事務所
  • 相談件数:40,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

完全成功報酬で依頼者の「納得」を導きます!
弁護士法人・響
弁護士法人・響

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP