本人訴訟ではきついかもしれない?通常裁判の戦い

通常裁判

通常裁判まで話がこじれるのはレアケース。でも可能性はゼロじゃない!

交通事故で示談交渉がこじれるのは、全体の10%程度だと言われています。また調停などで和解に至らなかったケースで裁判に突入してしまったとしても、口頭弁論が開かれた後にだいたい75%くらいは判決前に和解が成立しているようです。したがって、原告と被告が歩み寄らないまま、簡易裁判所で判決が下されたり、地方裁判所での通常裁判まで話がもつれ込む、などといった事態は、余程のレアケースだといえるでしょう。

通常裁判まで話がこじれてしまう揉め事といえば、交通死亡事故で被害者が亡くなってしまった時に、遺族と被害者の間で起こる示談金の問題であるケースが多いのですが、その他の場合でも被害者と加害者の主張が合わないという確率はゼロではありません。そこまで話がこじれると、もはや本人訴訟で戦うことはお勧めしません。交通事故訴訟の経験豊かな弁護士を雇う方がいいのですが、通常裁判の流れを紹介しておきましょう。

民事訴訟は書類の応酬!刑事裁判ほど熱くはならない!

民事裁判は、基本的に被告(加害者)に対して、原告(被害者)が損害の賠償を求めるモノです。被告の不法行為によって、原告が受けた損害をお金に換算して支払いを求めるわけですので、原告が証明するのは被告の不法行為になります。それを具体的に文書化したものが「起訴状」になるわけです。

一方被告も、裁判にまで話が拗れている場合は、素直に原告の主張を認めることはないでしょう。原告の起訴状に書かれた起訴事実に対する反論を「答弁書」という書類にして裁判所と原告へ提出するわけです。通常裁判の第1回口頭弁論は、「訴状陳述」と「答弁書陳述」という手続きが行われます。

“陳述”という言葉通り、実際に訴状や答弁書をドラマのように法廷内で読み上げることはありません。関係者はすでにそれらの書類を事前に読んでいますので、裁判官が「原告は訴状を陳述しますね」と確認して書類を受け取るだけです。

答弁書も同じように書類が提出されるだけで、民事裁判は刑事裁判とは違い、淡々とした書類のやり取りだけで手続きが進んでいきます。第1回口頭弁論はそんな儀式のようなものですから、数十秒から数分で終了するのが普通です。

民事裁判は準備書類の応酬!本当の裁判は法廷の外で行われる?

通常裁判は民事も刑事も、だいたい1ヶ月に1回のペースで開かれるのが標準です。第1回口頭弁論で被告側からの反論「答弁書」が提出されたら、今度は原告側がその答弁書に対する反論である「準備書類」を用意します。この準備書類は口頭弁論の1週間前くらいまでに提出を義務付けられ、裁判所と被告側へ送られます。

つまりリアル民事裁判は、法廷でお互いの主張を言い合うのではなく、法廷の外で書かれた書面で争うのが基本なのです。実際に法廷で発言して事実を争うのではなく、書面で自分の主張をするというのは結構大変で、その上ネットに自分の意見を書き込むのと違って、やはり裁判には裁判らしい書式や言い回しがあります。裁判を有利に進めたいのであれば、専門家のアドバイスを受けた方がいいでしょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP