網膜裂孔~網膜剥離につながる症状だが、交通事故と因果関係立証が難しい~

網膜裂孔

「網膜裂孔」は「網膜剥離」の前段階とも言える症状

放置すると視野欠損や失明の危険性があるため、事故後の検査が重要

交通事故によって受ける眼への障害は、視力が低下する視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害、まぶたの欠損障害、流涙、外傷性散瞳などがあります。眼の負傷が後遺障害として残ってしまった場合は、症状名ではなくその症状の程度によって認定が行われるのが特徴です。

本項では、交通事故によって頭部や顔面に衝撃を受けた場合に発生しやすい、眼の「網膜裂孔」について説明します。

(注)本ページに記載している症状や治療法は、一般的な知識として覚えておいた方が良いというもので、症状によって自分で判断を行うことや、記載した治療をお薦めするものではありません。必ず医師の診断を受け、適切な診断と治療を受けてください。

「網膜裂孔」とは?

「網膜裂孔(もうまくれっこう)」とは、眼の網膜に裂け目ができてしまうものです。適切な診断と治療を受けないで放置しておくと、「網膜剥離(もうまくはくり)」を引き起こし、視野欠損や失明という重い症状の原因となってしまう可能性があります。

「網膜裂孔」が起こる原因は?

交通事故に遭ってしまい、頭部や顔面に衝撃を受けた場合に起こる可能性があります。交通事故、あるいは激しい運動や転倒などで頭や顔面をぶつけてしまい、急激な眼球の変化が生じた時、網膜に裂け目が入ってしまうのです。

一方で、一般的に「網膜裂孔」の原因として挙げられるのは、加齢や強度の近視です。事故などによる強い衝撃を受けなくても、加齢や強度の近視といった素因があれば「網膜裂孔」は起こってしまいますので、後に述べるように交通事故との因果関係が疑われる可能性が高い症状でもあります。

「網膜裂孔」の症状は?

「網膜裂孔」の自覚症状は、目の前に黒い点や糸くずのようなモノが飛んでいるように見える「飛蚊症(ひぶんしょう)」や、光が当たっていないのに光が見える「光視症(こうししょう)」が代表的です。また「網膜裂孔」が原因となって「網膜剥離」が引き起こされた場合、視力が急に低下したり、視野が狭くなったりすることがあります。

「網膜裂孔」のやっかいな点

先に挙げた「網膜裂孔」の症状である「飛蚊症」や「光視症」は、交通事故以外の原因によって発症している場合がほとんどです。たとえ交通事故に遭ってしまった後でも、その事故が原因となっていると自覚するまでに時間がかかってしまうことがあります。

また、網膜には痛覚がないので、網膜に裂け目ができ損傷を受けても痛みを感じません。視覚の異常が事故直後に起こったなど、すぐに症状が自覚できない場合は、「網膜裂孔」が起きていてもわからないのです。

「網膜裂孔」が「網膜剥離」を引き起こす?

「網膜裂孔」は、日常生活にさほど影響を与えない「飛蚊症」や「光視症」といった症状のため、そのうち治るだろうと放置されるケースが多いようです。しかし「網膜裂孔」は、より重い視野欠損や失明を引き起こす「網膜剥離」の原因となりかねない症状です。

交通事故に遭って頭部や顔面に衝撃を受けた場合は、必ず眼の検査を受けておくことをお薦めします。

「網膜裂孔」の裂け目から水分が入り網膜が剥がれる!

網膜は人間がモノを見る場合、画像を映すスクリーンにあたる重要な組織で、網膜で感じ取った光や映像が脳に送られ、人間はモノを見ているのです。「網膜裂孔」は、眼球の内側にあるこの網膜に裂け目が入ることです。

通常、眼球はゼリー状の硝子体で満たされていますが、加齢や近視が進むと一部硝子体が液状化し水分となることがあります。その結果、硝子体が眼球内で動きやすくなってしまい、硝子体の動きに網膜が引っ張られて破れてしまった状態が「網膜裂孔」です。

網膜に裂け目ができた状態で放置しておくと、破れた網膜の隙間から水分が入り込み、網膜が眼球の内側から剥がれてしまう「網膜剥離」を引き起こす可能性があるのです。「網膜剥離」は最悪の場合、失明してしまう可能性がありますので、「網膜裂孔」のうちに治療を受けるか、定期的な検査を続ける必要があります。

「網膜裂孔」の検査方法・治療法方は?

交通事故後、病院で検査や治療を受けるのは外科や整形外科が中心になりますが、頭部や顔面に衝撃を受けた場合は、自覚症状がはっきりしていなくても念のために眼科で検査を受けることをお薦めします。

視力検査と眼底検査を受ける

「網膜裂孔」の検査方法は、まず視力検査を行います。健康診断などで自分の視力を測る人は多いと思いますので、きちんと事故前の視力を覚えておくことが大切です。

眼底検査は網膜の状態を調べる検査で、瞳孔を開く散瞳薬を点眼し、網膜がよく見えるようにして行われます。なお散瞳薬の点眼後は、光がまぶしく感じられる状態が数時間続きますので、検査直後は自動車の運転などはできないので注意が必要です。

必要であれば、近赤外線を利用したOCT(光干渉断層計)による検査が行われますが、網膜の断面を観察し、より詳しく網膜の状態を調べるものです。

「網膜裂孔」はレーザー治療が一般的

「網膜裂孔」の治療は、レーザー治療が一般的です。網膜の裂け目が広がり「網膜剥離」を引き起こしてしまわないように、レーザーを照射して裂け目の周囲を焼き固めます。症状が「網膜剥離」まで進行していなければ、レーザー治療だけで済みますので、通院での治療が可能となるケースが多いのが特徴です。

「網膜裂孔」は日常生活に支障のない程度までの治癒は可能ですが、裂け目の場所によっては治療が終了しても「飛蚊症」や「光視症」が残り、視力低下や視野が狭くなるなどの後遺障害が残る場合もあります。

交通事故で起こる「網膜裂孔」は因果関係立証が難しい?

「網膜裂孔」は、交通事故で頭部や顔面に衝撃を受けた場合に起きる可能性がある症状です。しかし「網膜裂孔」の原因は、一般的には加齢や強度の近視と言われているのです。

加齢による「網膜裂孔」

先に説明した通り、眼球の内部は硝子体という無色透明のゼリー状の組織で満たされています。

この硝子体は加齢とともに少しずつ液状化し水分に変化し、ゼリー状の液体の中に空洞ができ容積が減ります。硝子体の液状化が進行すると、硝子体と後方の網膜が離れてすき間ができ、50歳以降に多くみられる「後部硝子体剥離」を起こす可能性があります。

これは加齢変化による生理的なものですが、「後部硝子体剥離」が生じる時に硝子体と網膜が強く癒着している、あるいは網膜が弱くなっている場合には、硝子体に引っ張られて網膜に裂け目が生じることがあります。

これも「網膜裂孔」なのです。
そのため、交通事故に遭わなくても「網膜裂孔」が起こる可能性は高く、原因が交通事故によるものなのかどうか、因果関係を立証することが困難になるケースがあります。

中高年になったら眼底検査を定期的に受ける

交通事故による「網膜裂孔」を立証しようと思えば、事故前は網膜に裂け目はなかったと証明する必要が生じてきます。そのため、加齢による「網膜裂孔」が起こりやすい年齢になったら、他の病気が原因となる網膜の変性を調べる意味でも、定期的に眼科の検診を受けておいた方が良いでしょう。

また強度の近視の方は、年齢に関わらず検査を受けることをお薦めします。「飛蚊症」や「光視症」といった、明らかに網膜に異常が疑われる症状が交通事故後に表れたら、眼科の医師に交通事故に遭ったことを説明し検査を受け、診断書に交通事故との因果関係を書いてもらうようにしましょう。

医師によっては事故が原因だと診断してくれないケースもあるようですが、そんな時には交通事故に強い弁護士などに相談するのが得策です。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP