むち打ち症は、頸部が損傷して起こる傷病の総称~原因・症状別に分類~

むちうち

むち打ち症は一般的な総称で、原因も症状もさまざま

正しく診断を受け、適切な治療を受けよう

交通事故が原因となって起こる傷害のうち、約半数が「むち打ち症」と言われています。「むちうち症」とは、主に交通事故によって頸部(首)に損傷を受けることによって起こる症状の総称で、正確な医学用語ではありません。

しかし一方で、治療の専門家たちが立ち上げた「一般社団法人 むち打ち治療協会」という団体もあり、負傷の名称として認知されているところです。

「むち打ち症」の症状は、すぐに出ないことが多い!

「むち打ち症」は原因と症状によって分類されますが、全般的な特徴として、事故直後に痛みや不調を感じないことが多い、ということが挙げられます。

交通事故に遭うと事故当事者は興奮状態にあり、痛みを感じる感覚が麻痺している場合もあります。数日経過して、首の調子がおかしい、やたらと肩が凝る、などで「むち打ち症」を疑い、初めて病院に行き診断を受けても、交通事故との因果関係が疑われることがあります。

交通事故による損傷であることを示す診断書がないと人身事故として扱われず、むち打ち症に対する損害賠償請求ができなくなる可能性があります。

交通事故に遭ってしまったら、自覚症状がなくても必ず直後に病院へ行き、医師の診断を受けましょう。

「むち打ち症」の分類について

「むち打ち症」は、原因や症状でいくつかに分類することができます。上記の「むち打ち症治療協会」によると、「頚椎捻挫型」「根症状型」「バレ・リユウー症状型」「脊髄症状型」「脳髄液減少症」に分類されています。

他の分類方法もありますが、この分類に沿ってそれぞれの傷病名、症状を見ていきましょう。

「むち打ち症」の7~8割は、頚椎捻挫型

交通事故による「むち打ち症」の約7~8割は、「頚椎捻挫」とされています。

自動車の衝突や追突により頸部が衝撃を受けることで、首の筋肉やじん帯、あるいは関節包(関節を包む組織)が損傷してしまうのが「頚椎捻挫」です。また、頚椎周りの筋肉を損傷した場合は、「頸部挫傷」と診断されることもあります。

痛みや凝り、可動域の制限が特徴的な症状

頚椎捻挫型は手や足の捻挫・挫傷と同じで、症状は首を動かすと痛みを感じたり、動かせる範囲が狭くなったりするものです。痛みは首の後ろ、首の前面、側面、頭部、頚椎にわたり、凝りは首、肩上部、背中に出ます。また、上肢のだるさや痺れなどの症状が発生する場合もあります。

治療には長期間を要することもある

手や足の捻挫・挫傷に比べ、頚椎捻挫・挫傷は症状が軽いからといって放っておくと、治癒に相当の長い期間がかかってしまう事が少なくありません。首は体重の10%の重量がある頭部を常に支えているため、その負荷を受けつつ捻挫・挫傷を治すにはそれなりの時間がかかってしまいます。

軽度の「頚椎捻挫」は「頚椎捻転」と診断されることも

「頚椎捻挫」と症状は同じですが、軽度の「むち打ち症」ととらえられるものは「頚椎捻転」と言われることもあります。分類によっては「頚椎捻挫」の一種として扱われているようです。

「頚椎捻挫」は、頚椎の周りの筋肉やじん帯などの軟体組織が損傷を受けてしまうことですが、「頚椎捻転」はその軟体組織が、交通事故などで衝撃を受けた時に、捻れたり引き伸ばされてしまったりしたことが原因とされます。

軟体組織が損傷を受けてしまったら「頚椎捻挫」になりますが、「頚椎捻転」の場合は組織が元の状態に戻って炎症だけが残った状態です。症状は「頚椎捻挫」と同じく首の痛みや頭痛、あるいは肩凝りなどですが、事故直後に適切な治療を行えば、後遺障害を引き起こすことは少ないとされます。

神経が損傷を受けたものが根症状型

「根症状型」または「神経根障害」と呼ばれる「むち打ち症」は、神経がダメージを受けた場合に起こるものです。

首の骨は7つの骨が積み重なってできています。この骨が交通事故などで衝撃をうけた際、それぞれが元の位置からずれてしまう事によって、骨の中を走っている神経が圧迫されたり、引き伸ばされたりします。

神経の伝達阻害で起こる多くの症状

その結果、神経の伝達が阻害されてしまい、首や手足の痛みや痺れ、筋力の低下、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などの症状が起こります。これらの症状は、咳やくしゃみ、首を横に曲げる・回す、首や肩を引っ張った時に強まる傾向があります。

「根症状型」の「むち打ち症」は骨のずれによって神経が圧迫され起こる症状ですから、放っておけば治るどころか、症状が悪化してしまう事も珍しくありません。

交換神経に悪影響を与えるバレ・リユウー症状型

「バレ・リユウー症状型」は、「バレー・ルー症候群」あるいは「バレー・リユウー症候群」、「後部交感神経症候群」と呼ばれることもあり、もともとフランスの医師バレー(Barre)とその門下であるリユウー(Lieou)が症例を報告したものです。
症状は「根症状型」に似ていますが、損傷を受けた神経が交感神経だった場合に、この型に当てはまるとされます。

全身に症状が出ることがあるのが特徴

交感神経は自律神経の一種で、自分の意思でコントロールできるものではなく、血液や分泌液を管理している神経です。

この神経がダメージを受けると、頭痛やめまいといった「むち打ち症」にありがちな症状の他に、耳鳴りや難聴、あるいは不眠や全身の倦怠感など、事故で受けたダメージとは直接関係のない場所や全身に症状が出ると言われています。

原因がはっきりと解明されているわけではなく、目のかすみ、流涙、動悸、発汗なども見られるため、診断・治療が難しいものとされています。

最も重い症状が出る脊髄症状型

脊髄とは、脳から連続する中枢神経で、脊椎の中の脊髄腔を通っています。脊髄が損傷すると身体の麻痺、知覚障害、歩行障害が起こることがあり、下肢に伸びている神経が損傷すると下肢の痺れや知覚異常が起こり、歩行障害につながります。膀胱や直腸の障害が起こり、排便・排尿に支障をきたす恐れもあります。

後遺障害として残ってしまう可能性が高く、「むち打ち症」の中でも最も深刻なケースと言えます。

発見が遅れることが多い脳髄液減少症

「脳髄液減少症」あるいは「脳脊髄液減少症」は、直接首の神経や軟体組織がダメージを追う症状ではありません。脳は非常にデリケートな器官ですので、外部からの衝撃を軽減させるために脳脊髄液と呼ばれる液体の中に浮いています。

ところがさまざまな理由で、脳脊髄液を包んでいる膜が破れ、脳脊髄液が漏れてしまうことがあるのです。すると脳全体が沈んでしまい、負担がかかります。

診断が難しく、発見が遅れるケースが多い

「脳髄液減少症」では、激しい頭痛やめまいのほか、睡眠障害や全身の倦怠感などの症状が出ます。初期には頭痛が起こることが多いのですが、症状は多彩で、頭が重い、疲れが取れない、イライラする、眠れないなどの不定愁訴の訴えが多くみられます。また、気圧の変化や天候によって症状が変化するという特徴があります。

交通事故の場合、まずは首の筋肉や神経の異常によってこれらの症状が引き起こされていると診断されがちで、「脳髄液減少症」が原因だと判明することが遅くなることがあります。

専門的な診断が必要となる

全身の痛み、聴力・視力・味覚の障害などが起こることもありますが、MRIなどの専門的な診断方法を用いないと判明しないことが多く、専門医がいないと交通事故との因果関係を証明するのは困難です。

「脳髄液減少症」は治療に手間と時間がかかりますので、一般的な「むち打ち症」としての治療を続けてもあまり効果が出ない場合は、後遺障害を申請する症状固定前に必ず「脳髄液減少症」の疑いがないか、検査をすることをお薦めします。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP