むち打ち症の症状と治療法~交通事故の後遺症に多い頚椎捻挫~

むち打ち症

多くの症状がみられるむち打ち症

正しく理解して整形外科で診断を。治療は整骨院・接骨院でも可

交通事故が原因となって起こる傷害のうち、約半数がむち打ち症と言われています。

一方で、むち打ち症に関する情報は、治らない、保険が使えない、後遺障害として認定されない、などと誤ったものが流れ、実際に事故に遭って症状があるのに、十分な損害賠償も得られず長期間苦しんでいる方が多いようです。

むち打ち症が正式な傷病名ではないことも知らない人も多いのではないでしょうか?

むち打ち症の症状と治療法(※)について、まとめてみましょう。

(注)本ページを読まれる前に

本ページに記載している症状や治療法は、一般的な知識として覚えておいた方が良いというもので、症状によって自分で判断を行うことや、記載した治療をお薦めするものではありません。必ず医師の診断を受け、適切な診断と治療を受けてください。

むち打ち症はなぜ起こるのか?

むち打ち症は、主に交通事故などで首に不自然な力が加わり、首が「むち(鞭)」のようにしなることが原因で起こります。

交通事故だけではなく、スポーツなど、首に急激な負担がかかった時にも発症します。

人間の頭は重い!首に負担が集中

人間の頭部の重さは、体重の約10%程度と言われています。体重が50kgの人でも頭部は約5kgあり、500ml入りのペットボトル10本を常に首だけで支えている状態なのです。

交通事故の瞬間、手はハンドルを強くつかみ、足はブレーキを踏みしめ、胴体はシートベルトで固定されます。この際、頭部は固定されていないので、衝突や急停車によって前方に大きく振られ、首はその衝撃を吸収しようとして前方に大きくしなります。またその反動で後ろに反り返り、波打つように頸部(首)に過度な負担がかかるのです。

低速走行中や、停車中の追突でもむち打ち症は起こる!

むち打ち症は、大きな衝突事故だけではなく、低速走行中の事故や軽い追突事故でも発症することがあります。身構えていない状態で衝撃を受けると、体重の約10%もある頭部を支える首には大きなダメージが残ってしまうのです。

軽い事故だから大丈夫と病院に行かないで済ませると、後で症状が出ていつまでも苦しむことになってしまうので、交通事故に遭ってしまったら必ず医師の診断を受けましょう。

むち打ち症の症状は?

後に述べる損傷のタイプによって症状は違いますが、代表的な症状は次の通りです。

  • 痛み(首の後ろ、前部、側面、頭部、頚椎、腕)
  • 凝り、重い(首、肩、背中)
  • 動かない(首が回らない、動かすと痛い)
  • めまい、目のかすみ、目の疲労感
  • 吐き気
  • 握力低下、足や指先のまひ
  • その他(だるさ、痺れ)

むち打ち症の症状は、すぐに出ないことが多い!

むち打ち症の特徴として、事故直後に痛みや不調を感じないことが多い、ということが挙げられます。

交通事故に遭うと事故当事者は興奮状態にあり、痛みを感じる感覚が麻痺している場合もあります。数日経過して、首の調子がおかしい、やたらと肩が凝る、などでむち打ち症を疑い、初めて病院に行き診断を受けても、交通事故との因果関係が疑われることがあります。

交通事故による損傷であることを示す診断書がないと人身事故として扱われず、むち打ち症に対する損害賠償請求ができなくなる可能性があります。交通事故に遭ってしまったら、自覚症状がなくても必ず直後に病院へ行き、医師の診断を受けましょう。

むち打ち症は一般的な総称。大きく3つに分かれる

むち打ち症は正式な傷病名ではなく、正式には頚椎捻挫、バレー・ルー症候群、神経損傷などの診断を受けることになります。

それぞれの原因と症状について、説明します。

むち打ち症の原因と症状

頚椎捻挫・頸部挫傷

頚椎捻挫とは、頚椎(首の骨)の周りの筋肉や靭帯、あるいは軟部組織の損傷で、むち打ち症と呼ばれる症状の70~80%が該当すると言われています。頸部挫傷とは、頚椎周りの筋肉の損傷です。

症状は、痛み(首の後ろ、首の前面、側面、頭部、頚椎)、筋肉の凝り(首、肩上部、背中)、首が動かない(運動制限)、首を動かすと痛い、上肢のだるさや痺れなどが代表的なものです。

バレー・ルー症候群

後頸部交感神経症候群とも呼ばれ、事故による衝撃が神経を傷つけた際に発症します。首の骨に沿って走る後部交感神経が損傷し、脳や脊髄の血流が低下し自律神経のバランスが崩れ、さまざまな症状を引き起こすと考えられています。

主な症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などです。

原因がはっきりと解明されているわけではなく、目のかすみ、流涙、動悸、発汗なども見られるため、診断・治療が難しいものとされています。

神経根症状(神経損傷)

脊髄から出る神経を支える根元(神経根)が引き伸ばされたり、圧迫され負荷を受けたりして、さまざまな症状を引き起こすものです。

主な症状は、首の痛み、腕の痛みや痺れ、倦怠感、後頭部の痛み、顔面の痛みなどです。

ヘルニアの原因ともなり、安静にしていても、咳やくしゃみをした時、首を曲げた時に症状が強まることがあります。

脊髄損傷

脊髄とは、脳から連続する中枢神経で、脊椎の中の脊髄腔を通っています。

脊髄が損傷すると身体の麻痺、知覚障害、歩行障害が起こることがあり、下肢に伸びている神経が損傷すると下肢の痺れや知覚異常が起こり、歩行障害につながります。膀胱や直腸の障害が起こり、排便・排尿に支障をきたす恐れがあります。後遺障害として残ってしまう可能性が高く、むち打ち症の中でも最も深刻なケースです。

脳髄液減少症(低髄液圧症候群)

事故の衝撃で一時的に脊髄内の髄液圧が上昇し、硬膜が損傷し、髄液が漏れ出てしまうことによって起こるとされています。

初期には頭痛が起こりますが、症状は天候に応じて左右されるという特徴があります。症状は多彩で、頭が重い、疲れが取れない、イライラする、眠れないなどの不定愁訴であることが多く、非常に診断が難しいものです。

全身の痛み、聴力・視力・味覚の障害などが起こることもありますが、MRIなどの専門的な診断方法を用いないと判明しないことが多く、専門医がいないと交通事故との因果関係を証明するのは困難です。

むち打ち症の治療は、整形外科、または整骨院・接骨院

むち打ち症の治療は、整形外科または整骨院・接骨院で行われますが、まず交通事故直後、医師のいる整形外科で診断を受けるようにしましょう。

むち打ち症の症状には、交通事故との因果関係が難しい場合があり、最初に交通事故に遭った旨を医師に申告し、診断を受けておかないと、後に症状を訴えても事故による負傷だと認められない、または示談交渉において疑われるケースがあるのです。

整形外科での治療

整形外科では、骨折や捻挫と同様に、むち打ち症の治療も行いますが、あくまでも個別の症状の改善を目的とする治療であり、痛み止めとシップをもらうだけでは不満を感じてしまう人も多いようです。

しかし、交通事故によって負った負傷をしっかりと証明するためには、レントゲン検査やMRI診断が可能な整形外科での診断が必要です。診断を受けた後、むち打ち症に詳しい整骨院・接骨院に転院して治療を続けることがお薦めです。

お互いに連携している整形外科と整骨院・接骨院もありますので、紹介してもらうのも良いでしょう。

整骨院・接骨院での治療

むち打ち症の治療を、柔道整復師が行う整骨院・接骨院で行うと保険が使えないとよく言われますが、それは間違いです。

自賠責保険の保険金の支払い基準に、以下の規定がなされているため、整骨院・接骨院の費用は加害者に請求することが可能となります。

積極損害のうちの治療関係費として、次のように記されています。

柔道整復等の費用

免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

後遺障害の申請は、整形外科で!

むち打ち症の治療が長引き、後遺障害の申請を行うためには、整形外科の医師が書く後遺障害診断書が必要です。

整骨院・接骨院では後遺障害診断書は書いてもらえませんので、最初に受診した整形外科とも良好な関係を保っておくようにしましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP