裁判の基礎知識①~刑事裁判とは?~

裁判所

調停も不調に終わったら、裁判へ

示談も決裂し、和解斡旋もこじれ、調停も不調に終わってしまったら、いよいよ裁判です。

これまでは基本的に交通事故の被害者と加害者の話し合いで、双方の歩み寄れる条件を探し出し、お互いが納得できる結論を導き出すという手続きでした。

しかし、裁判は原告側と被告側がお互いの言い分を主張し、どちらが正しいかという判断を裁判官に託すという点に、大きな違いがあります。

つまり裁判で判決までいってしまえば、裁判所の出した結論は絶対であり、敗訴した方は判決に従わなければならないわけです。シロクロはっきりと決着をつける…それが裁判なのです。

裁判には二種類ある

ひとことで裁判といっても ・刑事裁判 民事裁判 の二種類があります。

この二つの裁判がどう違うかということは、実際にどちらかの裁判に直接関わった人以外、一般的にはあまり知られていません。

交通事故の場合、どちらの裁判になるかというと、実は刑事も民事も両方アリだったりします。ただこれまでの示談から和解斡旋、そして調停という流れからいえば、損害賠償などの裁判は民事裁判という事になるでしょう。 それでは、刑事裁判と民事裁判が具体的にどう違うのかを説明します。

違法行為に対する罰を与えるのが刑事裁判

刑事裁判は、刑法やその他刑事罰が設けられている法律に違反した者に、国家が罰を与える裁判です。

殺人や強盗は言うに及ばず、要するにお巡りさんに逮捕されて、最終的には死刑になったり刑務所に入れられてしまったりするのが刑事裁判で、この裁判で決められるのは、有罪か無罪か、有罪だとしたらどの位の罰を与えるのかということです。

交通事故の場合ですと、被害者に与えた被害がそのまま法律に触れる違法行為になる場合が多くなります。具体的には被害者に怪我を負わせた(業務上過失傷害罪)とか、事故を起こしたとき泥酔状態だった(危険運転致死傷罪)などです。

場合によっては加害者は、事故現場で警察に逮捕されてしまいます。

そしてこの点はあまり知られていないのですが、交通事故に限らず日本の刑事事件で、罪を犯した者を裁判にかける権利(公訴権)を持っているのは、検察の検事だけです。したがって、いくら被害者が加害者を刑事告訴しようとしても、直接告訴する権利はありません。

もちろん、検事は被害者感情を十分考慮して、起訴されて当然の行為をした者には情け容赦なく起訴しますが、交通事故の場合、被害者にも大きな落ち度がある場合など、起訴にまで至らないケースも稀にあります。

刑事ドラマでよく見るのは、ほとんどが刑事裁判 損害賠償の話は出てこない

よくドラマや映画で裁判のシーンが登場しますが、そのほとんどは刑事裁判です。

そんな裁判の流れを知っていればわかりますが、刑事裁判の場合、最終的に判決で下されるのは、罰金いくらだとか懲役○年だとかいった、被告人に対する刑罰のみになります。 罰金刑で被告人が支払うお金は国庫にはいるだけで、被害者に支払われるものではありません。

つまり刑事裁判というのは、違法行為をした者に定められた刑事罰を与える裁判で、被害者にとっては直接的な補償がされる裁判ではないわけです。

では被害者への損害賠償などの問題はどうなるかというと、それが“民事裁判”になります。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:261事務所
  • 相談件数:30,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP