福岡後遺障害などの悩みを解決!依頼者の利益を全力で追求します

弁護士法人いかり法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人いかり法律事務所弁護士法人いかり法律事務所サムネイル0弁護士法人いかり法律事務所サムネイル1弁護士法人いかり法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

初回相談料無料・着手金0円
報酬金10万円~+経済的利益の10~20%
弁護士費用保険特約利用なら実質0円

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人いかり法律事務所」ご相談窓口

現在09:18です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口 050-5267-5070
受付時間 毎日9:00~20:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故問題の解決に注力する福岡市の法律事務所

入院中の事故被害者には出張相談も

「…出張相談も」の下

弁護士法人いかり法律事務所は交通事故問題の解決に力を入れている福岡市の法律事務所です。場所は西鉄大牟田線・福岡市営地下鉄「薬院」駅より徒歩3分の駅前。人身事故の被害者の場合、初回相談料と着手金は無料です。

平日はお仕事などで忙しい方の場合、平日夜間の相談にも柔軟に対応します(事前予約制)。また、事故によるケガで入院中の方に対しては出張相談も行っています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

依頼者の利益を第一に考えた提案

私たちのモットーは依頼者の利益を第一に考えることです。問題を解決するための選択肢を示したうえで、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく説明。そして、依頼者にとってベストな提案を行います。

もちろん、依頼者のお役に立つためには丁寧なヒアリングが欠かせません。特に交通事故の被害者は不安や怒りを感じていますので、心情をくみとりながら親身にお話を伺います。ときには雑談のなかから重要な事実を発見する場合もあります。

ケガの治療中に注意すべき点

忙しさを理由に通院を怠ってはいけない

事故の大小にかかわらず、早期に弁護士へ相談することをおすすめします。たとえば仕事が忙しいからといって通院を怠ると、ケガが治りづらくなります。くわえて、後遺障害の等級が認められづらくなり、得られる賠償額が下がってしまうことも。早い段階で事故賠償の仕組みを把握し、適切な行動をとりましょう。

当事務所は通院中の疑問に対しても丁寧にお答えします。保険診療と自由診療のどちらがいいか、通院先を替えてもいいのかなど、依頼者の状況に応じて適切なアドバイスを行います。

後遺障害の適切な等級認定を受ける方法

治療の打ち切りを判断するのは、保険会社ではなく医師

事故から一定期間が経過すると相手方の保険会社から治療の打ち切りを求められますが、治療の必要性を判断するのは医師です。私たちにご依頼いただければ、主治医の診断をふまえて保険会社と交渉します。

もともと当事務所は後遺障害の事案に積極的に取り組んでおり、一貫して丁寧なサポートを行っています。たとえば、早い段階で必要な検査を受けるように依頼者へアドバイスします。

後遺障害診断書の記載方法を医師に説明

後遺障害の認定に大きな影響を与える「後遺障害診断書」。当事務所はこの記載方法を医師へ説明したり、検査画像に対する判断を直接確認したりします。それでも後遺障害診断書の記載内容が不十分な場合は、医師へ質問状を送ります。

そして、医師の回答書を資料として添付し、後遺障害の認定機関に提出。通常の手続きよりも手間はかかりますが、私たちが煩雑な作業を代行するのでご安心ください。なお認定結果に納得できなければ、異議を申し立てることも可能です。

保険会社から示談案を提示されたら

弁護士が交渉すれば、基本的に賠償額は上がる

基本的に保険会社から提示される賠償額は低いもの。正当な権利である裁判基準(過去の判例にもとづいた基準)による金額とは、大きな開きがあります。特に後遺障害がある場合は数十万円から数百万円、ときには数千万円もの差が生じます。

当事務所は代理人として示談交渉(または訴訟)を行い、依頼者が失った利益を取り戻します。つまり、限りなく裁判基準に近い賠償額を得るわけです。相手方の保険会社は交渉のプロなので、遠慮せずに法律の専門家を頼ってください。

弁護士法人いかり法律事務所の解決事例

損害賠償額/約82万円から約246万円へ3倍増

本件は保険会社から示談金が提示された後に依頼を受けました。当事務所が損害賠償額の内容を確認したところ、裁判基準の金額よりも著しく低いことが判明。さらに依頼者はむちうち症に悩まされていたものの、後遺障害の認定申請を行っていませんでした。

相手方の保険会社は自社の支出をおさえるため、後遺障害に関する情報を被害者へ伝えていなかったのです。そこで私たちが被害者請求による申請手続きを行い、後遺障害14級を獲得。過失割合などの交渉を経て、当初の提示から約3倍増の賠償額で和解しました。

過失割合/「7対3」から「1対9」へと逆転

本件で保険会社が提示してきた過失割合は「7対3」。つまり、依頼者の過失が大きいという主張でした。そこで当事務所は自動車に搭載されていたドライブレコーダーの映像を分析。過去の判例も引用し、相手方の過失が著しく大きいことを立証しました。

弁護士法人いかり法律事務所からのアドバイス

いかり法律事務所からのアドバイス下

示談書にサインする前に弁護士へ相談を

保険会社から提示される損害賠償額や過失割合を鵜呑みにしてはいけません。示談書にサインする前に、それらの妥当性を弁護士に確認してください。なかでも、交通事故の問題に積極的に取り組んでいる法律事務所がいいでしょう。

当事務所は治療中から示談交渉、訴訟まで一貫した対応が可能です。また、判例をふまえて、具体的かつ踏みこんだアドバイスを提供。依頼者が前向きに人生を歩むため、全力でサポートします。

弁護士費用特約

保険会社が弁護士費用を支払ってくれる特約

自動車保険のなかには「弁護士費用特約」が組みこまれているものがあります。これは弁護士への報酬や訴訟・仲裁・和解に要する費用が保険会社から支払われる仕組みです(一般的な上限は300万円)。

この特約は自動車保険だけでなく、火災保険や個人賠償責任保険などにもついている場合があります。まずは加入している任意保険を確認のうえ、弁護士費用特約の有無を保険会社に問い合わせてください。保険証券をご持参いただければ、当事務所が確認することも可能です。

弁護士費用特約 備考

*弁護士費用保険特約利用の場合は通常料金となります。

*事案によって異なりますので詳細はご相談ください。

所属弁護士

碇 啓太 (いかり けいた)

広場 いかり法律事務所様(弁護士碇啓太様) 2020.9.23

所属弁護士会 福岡県弁護士会
登録番号 No.40552

園田 真紀(そのだ まき)

園田弁護士100
所属弁護士会福岡県弁護士会
登録番号No.40519

伊藤 裕貴(いとう ゆうき)

伊藤弁護士100x
所属弁護士会福岡県弁護士会
登録番号No.57201

井口 奈緒子(いぐち なおこ)

井口奈緒子弁護士 写真 登録番号58780 100x100
所属弁護士会福岡県弁護士会
登録番号No.58780

中川 宗一郎(なかがわ そういちろう)

中川宗一郎弁護士 写真 登録番号58781 100x100
所属弁護士会福岡県弁護士会
登録番号No.58781

アクセス

福岡市営地下鉄「薬院」より徒歩約3分
西鉄大牟田線「薬院」より徒歩約3分
西鉄バス「薬院駅前」より徒歩約3分

福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル8F

〒810-0011 福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル8F

事務所概要

事務所名 弁護士法人いかり法律事務所
代表者 碇啓太
住所 〒810-0011 福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル8F
電話番号 050-5267-5070
受付時間 毎日9:00~20:00
定休日
備考
弁護士法人いかり法律事務所
弁護士法人いかり法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5070
受付時間
毎日9:00~20:00

現在09:18です。お気軽にお電話ください。

住所
〒810-0011 福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル8F
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

TOP