加害者の任意保険が使えない場合がある?

支払い

加害者の任意保険が使えないことがある?!

交通事故の被害者になった場合、普通は加害者の保険を使って、怪我の治療や車などの修理代など、事故よって被った損害を賠償してもらいます。
多くの事故では、被害者の方にもなんらかの過失があると、加害者側の保険会社が言い出して、過失割合で揉め事が発生します。
しか、しそれ以前に任意保険がまったく使えないケースが実在します。
加害者が任意保険に未加入だった…という話は論外として、ちゃんと任意保険に加入していたにもかかわらず、保険が支払われない場合があるのです。

加害者が飲酒運転をしていた!

これで保険は支払われない…は都市伝説

事故を起こした加害者には任意保険は支払われないという話があります。これはある意味、本当のことですが、任意保険が支払われないのは、“加害者本人の怪我の治療費や物損の修理代”だけです。

被害者の受けた損害に対しては、対人補償も物損補償も普通に支払われます。
飲酒運転に保険が支払われないのは、加害者に対する懲罰的な意味です。

保険というのは本来被害者の救済を目的にしたものですので、加害者を罰するために被害者への賠償をしないのでは、保険の意味がありません。そんなわけで飲酒運転による事故でも被害者に対する補償はちゃんとされますので、相手の保険会社に請求しましょう。

契約外の条件だった場合、任意保険が使えない!

任意保険に加入しているにもかかわらず、保険金が下りないパターンとしてよくあるのが、“適用範囲外”といわれるものです。
自動車の任意保険は基本的に自動車そのものに掛けるものですが、保険料を安くするために、ドライバーを限定する契約があります。
つまり保険が使えるのは、主にその車を運転するドライバーに限定して、家族や友人知人がその車を運転して事故を起こした場合、保険の適用外になってしまうわけです。
このタイプの保険に加入している車と、たまたま事故を起こしてしまい、そしてその時に運転していたドライバーが保険適用外の人物だった場合は、保険会社が保険を支払わないという事態に陥ってしまいます。

どうやって解決するかはケース・バイ・ケースですが、厄介な問題になってしまう事は必至です。

駐車場内の事故は、任意保険の適用外?

加害者が条件の厳しい保険に加入していると、保険適用外という理由で保険の金の支払いを拒むわけですが、もっと意外なパターンもあります。
たとえば “駐車場内で発生した事故は、公道での事故ではないので保険は適用外” といった判断で保険金の支払いを拒否した例があります。

駐車場は一応私有地である場合が多いので、保険の契約書で私有地内での事故は補償しないと書いてあれば、保険会社に保険金を支払う義務はないことになってしまうわけです。
駐車場内での事故対応は保険会社によって対応は相当異なるようですし、駐車場がそのまま私有地だという解釈が正しいかどうかは、争う価値はあります。
そんなわけで、加害者が任意保険に入っているからといって、必ずしも保険金が支払われるとは限りません。

万が一そういったトラブルに見舞われた場合、自分で戦うのも手ですが弁護士などの法律のプロに相談した方がいいでしょう。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:261事務所
  • 相談件数:30,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

完全成功報酬で依頼者の「納得」を導きます!
弁護士法人・響
弁護士法人・響

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP