後遺障害等級:第12級(1号~14号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は14%!改正で種類が減った後遺障害第12級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第12級の場合労働能力損失率は14%だとされています。
近年男女平等の見地から、傷跡に関する基準に男女の区別がなくなった結果、“第12級15号”はなくなりました。ネットなどで後遺障害等級表を見る場合、この第12級15号が載っているかいないかで、データの新しさがわかります。

ただこの辺りのレベルだと、だんだん健常者とさほど変わらない症状もあるわけです。したがって後遺障害を個人で主張するのは難しくなってくるケースもあり、代表的なむち打ち症も登場します。等級認定を確実にするためには、専門家に相談する価値があるでしょう。
後遺障害第12級は、障害を負った部位によって1号から14号に分類されています。

後遺障害第12級 14段階の分類
後遺障害第12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
後遺障害第12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
後遺障害第12級3号 7歯以上に歯科補綴を加えたもの
後遺障害第12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
後遺障害第12級5号 鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、または骨盤骨に著しい変形を残すもの
後遺障害第12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害第12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害第12級8号 長管骨に変形を残すもの
後遺障害第12級9号 1手の、小指を失ったもの
後遺障害第12級10号 1手の人差し指、中指、または薬指の用を廃したもの
後遺障害第12級11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの、または第3の足指以下の3の足指を失ったもの
後遺障害第12級12号 1足の第1の足指、または他の4の足指の用を廃したもの
後遺障害第12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
後遺障害第12級14号 外貌に醜状を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第12級10号」などというわけです。

片方の目や瞼に障害が残ると、後遺障害等級第12級1号・2号!

交通事故の後遺障害で片目、または片方の瞼に障害が残った場合に認定されるのが、後遺障害等級第12級1号と2号になります。
まず第12級1号は視力に関係なく、遠くの物を見たり近くの物をみる時のピント機能が上手く働かない症状(調節機能障害)か、頭を固定して目だけで動くものを追った場合の視野が、健常者の2分の1になってしまった症状(運動障害)、このどちらかの障害が認められる時に認定されるわけです。

眼球の調整能力や、眼球の動きだけで得られる視野は年齢によって変わってきます。しかし年齢ごとの平均的な基準値はありますので、検査で数値化は可能です。

一方、片方の瞼に運動障害が残る場合は、後遺障害等級第12級2号になります。瞼の運動障害というのは、

  • 自分では瞼を普通に開けているつもりでも、瞼が十分に開かず瞳孔が隠れたままのもの
  • 自分では瞼を普通に閉じているつもりでも、実際には瞼は閉じておらず、瞳孔や角膜が露出してしまうもの
  • 瞬きがうまく出来ないもの

といった症状になります。病名では「Horner症候群」、「動眼神経麻痺」、「眼瞼外傷」、「外転神経麻痺」などです。これらの病気が交通事故によるもので、その症状が片方の瞼だけであれば、後遺障害代12級2号と認定されます(両瞼ならば、第11級2号)。

事故で歯をなくしたら第12級3号!

後遺障害12級
交通事故で歯を7本以上無くしたり、著しく破損してしまった場合に適用されるのが、後遺障害等級12級3号です。他の障害と違い、歯の場合は差し歯やブリッジ、あるいはクラウンなどでちゃんと治療し、とりあえず事故以前と同じく普通に物が噛めるようになっても、後遺障害等級認定の対象になります。

ただ7本というカウントは、あくまで事故で損傷した歯の数です。もともと虫歯などで抜けていた歯や、事故で失った歯をブリッジで補完するために、治療目的で削った歯はカウントされません。また、歯の障害は大人の永久歯限定で、いずれ生え変わる乳歯も後遺障害の認定対象外になります。

片方の耳殻を半分以上欠損したら第12級4号!

交通事故によって、耳殻(じかい)を半分以上失った場合に認定される後遺障害等級が第12級4号です。耳殻というのは、耳の機能のうち外側に張り出している部位のことで、一般的に「耳」と聞いてイメージするの身体の部位が耳殻になります。

軟骨組織で複雑な形をしている耳殻ですが、無駄についているわけではありません。耳殻の役目は人間の場合、より多くの音を集めたり、音を聞くときにその音源を特定したりするのに役立っています。ですから耳殻を失うと一時的に耳が聞こえにくくなる場合もあるわけです。とはいえ耳殻をなくした人が、ずっと聴力に問題を抱えるケースは少なく、大抵は暫くすると慣れて、聴力に著しい影響は出ません。

耳殻をなくしたことで後遺障害認定されるのは、外見が醜くなるという醜状障害という理由です。しかし耳殻が半分以上ないというのは、外観の醜状障害として第7級12号でも適用されます。
実際の等級認定でも、耳殻の欠損を第7級12号で認定を求めて、認められるケースが多く、第12級4号として認定を受ける人はあまりいないようです。

服を脱いだときに骨が変形しているのが判れば、第12級5号!

後遺障害等級表にあるように、

  • 鎖骨
  • 胸骨
  • 肋骨
  • 肩甲骨
  • 骨盤骨

といった背骨を除く身体の部位にある大きな骨が、交通事故で骨折し、治癒するときに歪んでしまった場合は第12級5号に認定されます。

このケースは、何cm骨がずれているといった数値的な基準はなく、服を脱いで裸になったとき、他の人が見て明らかに骨が変形しているのが確認できる事が条件です。また肋骨は変形した骨の本数は関係ありません。
ただこの第12級5号は、骨が変形しているだけで、日常生活を普通に送られる場合に認定されます。骨の変形が影響して、運動能力などに後遺障害が残る場合は等級が変わってくるわけです。

腕や足の3大関節のうち、1つの関節に障害が残れば第12級6号・7号

3大関節というのは、腕の場合は「肩」・「肘」・「手首」で、足の場合だと「股関節」・「膝」・「足首」になります。これら
3大関節のうち、1ヶ所に機能障害を残すものが第12級6号と7号になるわけです。まず第12級6号は、片腕の3大関節のうち、1ヶ所に障害があるケースで、具体的には

  • 関節の動く範囲が4分の3以下になってしまったもの。ただ手のひらを上に向けたり、下に向けたりする運動(回内・回外運動)に限っては、動かせる範囲が2分の1以下になってしまったもの
  • 動揺関節が生じ、時々補装器具が必要なもの
  • すぐ脱臼してしまうようになってしまったもの(習慣性脱臼)

という症状になります。

「動揺関節」というのは、関節の治癒が不完全で普通とは違う方向に関節が動いてしまう症状です。これらの症状のうち、いずれかの障害があれば、後遺障害等級第12級6号に認定されます。

一方、第12級7号は足の3大関節のうち、片足の1ヶ所に障害が残った場合で、具体的には

  • 関節の動く範囲が4分の3以下になってしまったもの
  • 動揺関節が生じたが、通常の仕事には影響なく、関節に負担が大きい重労働の場合にのみ補装器具が必要なもの
  • すぐ脱臼してしまうようになってしまったもの(習慣性脱臼)

という腕と同じような障害です。
これらの障害のうち、ひとつでも該当すれば、後遺障害等級第12級7号に認定されます。またこれらの障害は片手、あるいは片足ですが、左右の区別はありません。障害の残った腕や足が利き腕、利き足であろうがなかろうが、認定の等級に差はないわけです。

長管骨とは?腕や足の長い骨に障害が残れば第12級8号!

「長管骨」というのは、腕や足の長い骨のことです。腕だと「上腕骨」・「橈骨(とうこつ)」・「尺骨(しゃっこつ)」と呼ばれる骨になります。また足の場合は「大腿骨」・「腓骨(ひこつ)」・「脛骨」が長管骨になります。
これらの長管骨が腕や足に関係なく障害を残せば、後遺障害等級第12級8号です。

障害の具体的な症状は、治療の過程で骨の癒着が上手くいかず、骨が捩れたり曲がったりしてしまった場合や、以前より骨の直径が細くなってしまった場合、あるいは癒着そのものが不完全だった場合など、色々な症状が想定されています。

ただ基本的に第12級8号は、骨に異常が残っても、日常生活に支障がないレベルの障害です。骨の以上によって硬性補装具が必要になる場合、等級は第7級や8級に上がることもあります。

片手の指に障害が残ったら第12級9号・10号!

交通事故によって、片手の指に障害が残った場合、後遺障害等級第12級9号・10号のいずれかに認定されます。
まず左右どちらかの小指を失った場合に認定されるのが第12級9号です。小指をなくすというと、日常生活にはあまり影響ないと考えられがちですが、小指があるとないでは握力に大きな差が生まれます。

ですから職種によっては、物をしっかり掴めなくなることで支障が出るわけです。その昔小指の切断の等級は13級でしたが、改定されて現在は12級に上がっています。

次に片手の親指と小指以外の指1本の用を廃した場合が第12級10号です。「用を廃した」というのは、以下のような状態をいいます。

  • 指の長さが半分以下になった場合
  • 親指は第1関節、その他の指は第2関節より先が、健康だった頃に比べて可動域が2分の1以下になった場合
  • 指先にある痛みや温度、あるいは触感などの感覚が完全に失われた場合

これらの症状のうち、いずれかの障害が残ってしまったら、講師障害等級12級10号になるわけです。

片足の足指に後遺障害が残れば、第12級11号、12号!

後遺障害等級第12級で、足指の障害に関係するモノは、第12級11号と12号になります。
後遺障害等級表をみると、第12級11号は色々条件があり、ちょっとわかりにくいのですが、

  • 片足の足指で、人差し指にあたる指1本をうしなった場合
  • 片足の足指で、人差し指にあたる指1本ともう1本足指を失った場合(ただし親指は除く)
  • 片足の足指で、中指、薬指、指にあたる指3本を失った場合

このいずれかにあたれば、第12級11号です。片足の親指と人差し指の2本を失った場合は、第9級14号に等級が上がりますので、ここには含まれません。

そして片足の親指、あるいは親指以外の4本全ての足指が用を廃した場合に適用されるのが第12級12号になります。「用を廃した」というのは足指の場合、手の指のケースとは若干意味が違っており、具体的には

  • 親指に当たる指の第1関節(末節骨)が2分の1の長さになってしまった場合
  • 親指以外の足指が根元から第一関節の間で切断された場合
  • 親指は第1関節、それ以外の指は根元から第2関節にかけての可動域が2分の1以下になってしまった場合

という症状で、片足の指がいずれかに該当すれば第12級12号です。

むちうち症の後遺障害認定では、もっとも重い第12級13号!

むちうち症は本人に痛みや麻痺、しびれといった自覚症状があっても、医学的な証明が出来ない症例が珍しくありません。ですからむちうち症は示談の際に大きな問題なります。そんなむちうち症が後遺障害として認定される等級で、最も重いのが第12級13号です。

むちうち症でこの第12級13号の認定を受けようとする場合、本人が自覚する障害以外に、レントゲンやCTなどでちゃんと神経障害が起こると判断できる医学的な証明が必要になります。ただ医師による検査の結果、神経障害が起こると考えられる検査結果が出ても、それが椎間板ヘルニアと診断されるケースもあり、むちうち症の認定は等級の認定が非常に難しい病気です。

男女平等で統一された傷跡の後遺障害が第12級14号!

交通事故で大きな傷跡が残ってしまった場合の後遺障害等級が第12級14号です。具体的には

  • 頭にニワトリの卵大より大きい傷跡が残った場合
  • 頭蓋骨がニワトリの卵大より大き欠けてなくなっている状態(人工骨などで補完した場合には対象外になる)
  • 顔に10円玉サイズ以上の傷跡、あるいは長さ3cm以上の線状の傷跡が残った場合
  • 首にニワトリの卵大より大きい傷跡が残った場合
  • 耳殻(じかく:いわゆる「耳」のこと)が一部が欠けてなくなった状態
  • 鼻の軟骨部の一部が欠けてしまった場合

というもので、このいずれかの障害が残れば第12級14号です。

そして後遺障害等級表には「外貌に醜状を残すもの」という一般的ではない表現がされています。「外貌」というのは基本的に手足を除いた、普段から露出している頭部や顔、そして首を指しているわけです。しかし12級は手足に関しても、服を脱いだ場合他人に見られることを想定して、

  • 両腕や両足に手のひらサイズの3倍以上の傷跡が残った場合
  • 胸や腹、あるいは背中や臀部に、全面積の半分以上の範囲で傷跡が残った場合
    という「12級準用」の基準が定められており、手足や服で隠れる身体でも第12級14号に認定されることもあります。

    また近年(2010年6月)まで、身体に残る傷跡に関する等級認定は、同じ傷の程度だと女性の方が高い等級になっていたのですが、男女平等の見地から改定が行われました。ですから2010年以前は第12級の傷跡に関する分類は15号まであったのです。ネットや書籍で後遺障害等級表を調べるとき、等級第12級が15号まで記載されているモノは資料が古いと思っていいでしょう。

    認定次第で等級は変わる?

    専門家に相談しよう!

    後遺障害等級の第12級は労働能力損失率14%と判断されています。ですから第12級になると自賠責保険の補償限度額は224万円と、第11級と比べると107万円ほど下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
    弁護士基準の場合、最高1,500万円程度になるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

    慰謝料自動計算
  • 交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

    当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

    • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
    • 過失割合提示額に納得がいかない。
    • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
    交通事故問題に強い弁護士を探す
    弁護士に相談することに不安が残る方へ

    「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

    弁護士基準で慰謝料を自動計算する
    交通事故解決までの流れ
    弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
    交通事故の弁護士費用の相場
    むち打ち症の慰謝料相場
    後遺障害の等級認定について知る
    損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
    交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

    ご相談状況

    • 電話相談:完全無料
    • 弁護士:238事務所
    • 相談件数:20,000件 突破

    【注目】交通事故に強い弁護士

    着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
    弁護士法人 卯月法律事務所
    弁護士法人 卯月法律事務所

    24時間365日ご相談受付
    着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

    交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

    【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
    © 2014 Agoora.inc.

    TOP