後遺障害等級:第14級(1号~11号)認定

後遺障害14級の慰謝料相場から症状を解説

後遺障害等級の中では、もっとも軽い14級。交通事故後のむち打ち症は14級に該当する可能性があります。

後遺障害に強い弁護士を探す

労働能力損失率は5%!最も軽い?後遺障害第14級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第14級の場合労働能力損失率は5%だとされています。 労働能力損失率も5%ともなれば、もはや基本的に健常者とほぼ同じ能力だと判断されがちで、後遺障害としては最も軽いのが第14級です。しかしむちうち症をはじめ、示談の仕方によっては十分な補償を受けられます。 後遺障害第14級は、障害を負った部位によって1号から9号に分類されています。

後遺障害第14級 9段階の分類
後遺障害第14級1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残しまたは、まつげはげを残すもの
後遺障害第14級2号 3歯以上に対して歯科補綴を加えたもの
後遺障害第14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第14級4号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
後遺障害第14級5号 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
後遺障害第14級6号 1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
後遺障害第14級7号 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの
後遺障害第14級8号 1足の第3の足指以下の1、または2の足指の用を廃したもの
後遺障害第14級9号 局部に神経症状を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第14級3号」などというわけです。 ちなみに昔は男性の傷跡に関する第14級10号というものもありましたが、現在は男女平等の考えから廃止され、男女関係なく傷跡の等級は上がっています。ネットで閲覧できる後遺障害等級表には、まだ第14級10号が掲載されているサイトもありますので、データの新しさをみる基準になるでしょう。

片方の瞼が欠損したら、第14級1号!

交通事故によって、片方の瞼の一部が欠損してしまった場合に認定されるのが、後遺障害等級第14級1号です。片方の瞼を普通に閉じた状態で、黒目が覆いきれないほど大きく瞼を欠損した場合の後遺障害等級は、第11級3号ですが、一応黒目は隠れて白目の一部が露出する程度の欠損であれば、この第14級1号になります。 また瞼が欠損したことによって、眼球そのものは覆えても、まつげが半分以上無くなって生えてこない状態であっても第14級1号です。

事故によって3本以上4本まで歯を失えば、第14級2号!

交通事故で歯を折ったりすることは、割合よくある話ですが、3本以上4本まで歯を失ったり大きく破損したときに認定される後遺障害等級が第14級2号になります。 第14級2号は“歯科補綴(しかほてつ)を加えたもの”という、あまり一般的ではない表現です。

これは単に交通事故で歯にダメージを受けたという意味ではなく、歯科で適切な治療を受けたケースを指します。つまり後遺障害で保障されるのは、歯が折れたり欠けた状態で放置するのではなく、ちゃんと差し歯を入れたりブリッジで義歯をつけた場合など、治療をしてとりあえず日常生活に支障が残らないレベルになっても後遺障害の対象になるわけです。

さらにブリッジ治療の場合は、事故で影響を受けなかった健康な歯も削ったりする事もあります。そんな時は削った健康な歯も“歯科補綴を加えたもの”としてカウントされます。その結果3~4本までの歯を治療すれば第14級2号に認定されるわけです。

聴力障害としては最も軽い第14級3号!

交通事故が原因の聴力障害として、最も軽いのは第14級3号になります。片耳の聴力が、1m以上離れた場所から話される小声が理解できない程度まで低下したケースです。この場合“小声”というのはどの程度の声なのかというのがハッキリしませんが、具体的な検査数値だと「ピー」といった単純な音が聞き取れるか、という純音聴力レベル40dB以上または70dB未満という基準になっています。

それから、耳と聴力に関する障害で号数は無いものの、「第14号相当」として認定されているものに、

  • 30dB以上の難聴であり、耳漏がある状態

という基準があります。これは事故によって鼓膜が破れなど耳の内部に怪我を負い、純音聴力レベル30dB以上に低下し、なお且つ治療後も耳漏(じろう:いわゆる“耳垂れ”のこと)が治まらないケースです。

手足に大きな傷跡が残ってしまったら、第14級4号・5号!

交通事故で手足に大きな傷跡が残った場合に適用されるのが、後遺障害等級第14級4号と5号になります。まず第14級4号は、肩から手の先まで両腕のどこかに手のひら大の傷跡が残ったケースです。腕の場合、露出面というと、常に露出している手首から先のように思われがちですが、夏場などノースリーブの服を着る機会もあります。

そんな時に目立つ傷というのは、やはり後遺障害だということになります。また“手のひら大”という大きさは、被害者自身の指を含まない、手のひらと同じ面積だとされています。 一方、第14級5号は足の付け根からつま先まで、両足のどこかに手のひら大の傷跡が残ってしまった場合です。足は腕以上に普段から露出している部分が少ないのですが、これも夏場や入浴時など他人に傷跡を見られてしまう場合を想定しています。具体的な傷の大きさは、第14級4号と同じく被害者自身の指を含まない、手のひらと同じ面積だとされています。

また、四肢に残る傷跡のほかに、“14級準用”として後遺障害等級に認定される傷跡として、

  • 胸腹部、または、背部臀部の全面積の4分の1以上の範囲に醜状を残す状態

という基準があります。これは文字通り胸や腹部、あるいは背中や臀部に、各面積の4分の1以上の範囲に傷跡が残ってしまったケースです。

指の後遺障害では最も軽い、第14級6号、7号!

事故で手の指を失ったり、麻痺した場合、当然後遺障害として認定されますが、等級が最も軽い第14級に相当するのが6号と7号になります。第14級6号は、

  • 片手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

となっていますが、これは親指以外の指で骨の一部が欠けてしまった場合のことです。 遊離骨折で骨がちゃんと癒着していないケースも含め、レントゲン写真などで医学的に確認できれば認定されます。ただ骨がどの程度欠けているかで等級が上がる可能性もあり、たとえば指先から第一関節までの骨(末節骨)を2分の1以上失った場合は、指の種類によって第8級から13級まで等級が上がるわけです。 次に第14級7号は、

  • 片手の親指以外の手指の第一関節(遠位指節間関節)を曲げたり伸ばしたり出来なくなった場合

に認定されます。親指以外の指の第一関節が曲げ伸ばし出来なくなったケースですが、条件には本数は明記していませんので、1本でも4本でも第14級7号です。ただし麻痺が第二関節から根元にかけてだと、「用を廃した」ことになりますので、等級は上がることになります。

片足の指を失った場合、一番軽い後遺障害が第14級8号!

交通事故で片足の指を失った場合、認定される後遺障害等級で最も軽いのが第14級8号です。具体的には、

  • 片足の足指のうち、手でいうと「中指」、「薬指」、「小指」の3本のうち、1本から2本の用を廃した場合

ということになります。 足指で「用を廃した」というのは、足の指先から根元の手前までの間で足指を切断してしまった場合と、足指の可動域が2分の1以下になった場合のことです。これが切断した足指の数が多かったり、指の根元から欠損した場合は等級が上がります。

むちうち症で認定されるケースで、よくあるのが第14級9号!

レントゲン むちうち症は交通事故で負う後遺症としては最も有名で、最も示談や後遺症認定で揉める障害です。むちうち症で認定される後遺障害等級は第12級13号と、この第14級9号ですが、レントゲン画像などで明らかに神経障害がある場合に認定される第12級と違い、第14級は

  • 神経学的所見と自覚症状が一致した場合

に認定されます。 神経学的所見というのは、実際に痛みや麻痺が現れている部位の可動域を調べたり、筋力テストをしたりして、検査を行う事です。実際にレントゲンなどでは異常が見つからなかった場合でも、本当に神経障害があれば顕れる症状を検査して探すのが神経学的所見になります。 最終的に診断を下すのは専門医ですが、昔からむちうち症は、患者が「痛い」といえば、障害認定されるケースが多かったわけです。最近は神経学的所見のテストも種類も増えてきて精度も上がってきましたが、むちうち症で第14級9号の認定は、示談の時に揉める事が非常に多いものでしょう。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第14級は労働能力損失率5%と判断されています。ですから第14級になると自賠責保険の補償限度額は75万円と、第13級と比べると60万円以上下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。 弁護士基準の場合、最高600万円程度になるケースもあります(ただし、第14級9号のむちうち症は350万円程度)。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。 特にこのレベルになると、示談交渉は余程うまくやらないと、相手側から単にゴネていると取られてしまうケースも珍しくはありません。専門知識や交渉術によって、賠償金が大きく変わってくるのが後遺障害だと言えます。

慰謝料自動計算

後遺障害に強い弁護士を探す

労働能力損失率は5%!最も軽い?後遺障害第14級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第14級の場合労働能力損失率は5%だとされています。 労働能力損失率も5%ともなれば、もはや基本的に健常者とほぼ同じ能力だと判断されがちで、後遺障害としては最も軽いのが第14級です。しかしむちうち症をはじめ、示談の仕方によっては十分な補償を受けられます。 後遺障害第14級は、障害を負った部位によって1号から9号に分類されています。

後遺障害第14級 9段階の分類
後遺障害第14級1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残しまたは、まつげはげを残すもの
後遺障害第14級2号 1歯以上に対して歯科補綴を加えたもの
後遺障害第14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第14級4号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
後遺障害第14級5号 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
後遺障害第14級6号 1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
後遺障害第14級7号 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの
後遺障害第14級8号 1足の第3の足指以下の1、または2の足指の用を廃したもの
後遺障害第14級9号 局部に神経症状を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第14級3号」などというわけです。 ちなみに昔は男性の傷跡に関する第14級10号というものもありましたが、現在は男女平等の考えから廃止され、男女関係なく傷跡の等級は上がっています。ネットで閲覧できる後遺障害等級表には、まだ第14級10号が掲載されているサイトもありますので、データの新しさをみる基準になるでしょう。

片方の瞼が欠損したら、第14級1号!

交通事故によって、片方の瞼の一部が欠損してしまった場合に認定されるのが、後遺障害等級第14級1号です。片方の瞼を普通に閉じた状態で、黒目が覆いきれないほど大きく瞼を欠損した場合の後遺障害等級は、第11級3号ですが、一応黒目は隠れて白目の一部が露出する程度の欠損であれば、この第14級1号になります。 また瞼が欠損したことによって、眼球そのものは覆えても、まつげが半分以上無くなって生えてこない状態であっても第14級1号です。

事故によって3歯以上に対し歯科補綴を加えると、第14級2号!

交通事故で歯を折ったりすることは、割合よくある話ですが、1本以上4本まで歯を失ったり大きく破損したときに認定される後遺障害等級が第14級2号になります。

第14級2号は“3歯以上に対し歯科補綴(しかほてつ)を加えたもの”という、あまり一般的ではない表現です。これは単に交通事故で歯にダメージを受けたという意味ではなく、歯科で適切な治療を受けたケースを指します。つまり後遺障害で保障されるのは、歯が折れたり欠けた状態で放置するのではなく、ちゃんと差し歯を入れたりブリッジで義歯をつけた場合など、治療をしてとりあえず日常生活に支障が残らないレベルになっても後遺障害の対象になるわけです。

さらにブリッジ治療の場合は、事故で影響を受けなかった健康な歯も削ったりする事もあります。そんな時は削った健康な歯も“歯科補綴を加えたもの”としてカウントされます。その結果3本以上の歯を治療すれば第14級2号に認定されるわけです。
※5本以上だと13級5号になります。

聴力障害としては最も軽い第14級3号!

交通事故が原因の聴力障害として、最も軽いのは第14級3号になります。片耳の聴力が、1m以上離れた場所から話される小声が理解できない程度まで低下したケースです。この場合“小声”というのはどの程度の声なのかというのがハッキリしませんが、具体的な検査数値だと「ピー」といった単純な音が聞き取れるか、という純音聴力レベル40dB以上または70dB未満という基準になっています。

それから、耳と聴力に関する障害で号数は無いものの、「第14号相当」として認定されているものに、

  • 30dB以上の難聴であり、耳漏がある状態

という基準があります。これは事故によって鼓膜が破れなど耳の内部に怪我を負い、純音聴力レベル30dB以上に低下し、なお且つ治療後も耳漏(じろう:いわゆる“耳垂れ”のこと)が治まらないケースです。

手足に大きな傷跡が残ってしまったら、第14級4号・5号!

交通事故で手足に大きな傷跡が残った場合に適用されるのが、後遺障害等級第14級4号と5号になります。まず第14級4号は、肩から手の先まで両腕のどこかに手のひら大の傷跡が残ったケースです。腕の場合、露出面というと、常に露出している手首から先のように思われがちですが、夏場などノースリーブの服を着る機会もあります。

そんな時に目立つ傷というのは、やはり後遺障害だということになります。また“手のひら大”という大きさは、被害者自身の指を含まない、手のひらと同じ面積だとされています。 一方、第14級5号は足の付け根からつま先まで、両足のどこかに手のひら大の傷跡が残ってしまった場合です。足は腕以上に普段から露出している部分が少ないのですが、これも夏場や入浴時など他人に傷跡を見られてしまう場合を想定しています。具体的な傷の大きさは、第14級4号と同じく被害者自身の指を含まない、手のひらと同じ面積だとされています。

また、四肢に残る傷跡のほかに、“14級準用”として後遺障害等級に認定される傷跡として、

  • 胸腹部、または、背部臀部の全面積の4分の1以上の範囲に醜状を残す状態

という基準があります。これは文字通り胸や腹部、あるいは背中や臀部に、各面積の4分の1以上の範囲に傷跡が残ってしまったケースです。

指の後遺障害では最も軽い、第14級6号、7号!

事故で手の指を失ったり、麻痺した場合、当然後遺障害として認定されますが、等級が最も軽い第14級に相当するのが6号と7号になります。第14級6号は、

  • 片手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

となっていますが、これは親指以外の指で骨の一部が欠けてしまった場合のことです。 遊離骨折で骨がちゃんと癒着していないケースも含め、レントゲン写真などで医学的に確認できれば認定されます。ただ骨がどの程度欠けているかで等級が上がる可能性もあり、たとえば指先から第一関節までの骨(末節骨)を2分の1以上失った場合は、指の種類によって第8級から13級まで等級が上がるわけです。 次に第14級7号は、

  • 片手の親指以外の手指の第一関節(遠位指節間関節)を曲げたり伸ばしたり出来なくなった場合

に認定されます。親指以外の指の第一関節が曲げ伸ばし出来なくなったケースですが、条件には本数は明記していませんので、1本でも4本でも第14級7号です。ただし麻痺が第二関節から根元にかけてだと、「用を廃した」ことになりますので、等級は上がることになります。

片足の指を失った場合、一番軽い後遺障害が第14級8号!

交通事故で片足の指を失った場合、認定される後遺障害等級で最も軽いのが第14級8号です。具体的には、

  • 片足の足指のうち、手でいうと「中指」、「薬指」、「小指」の3本のうち、1本から2本の用を廃した場合

ということになります。 足指で「用を廃した」というのは、足の指先から根元の手前までの間で足指を切断してしまった場合と、足指の可動域が2分の1以下になった場合のことです。これが切断した足指の数が多かったり、指の根元から欠損した場合は等級が上がります。

むちうち症で認定されるケースで、よくあるのが第14級9号!

レントゲン むちうち症は交通事故で負う後遺症としては最も有名で、最も示談や後遺症認定で揉める障害です。むちうち症で認定される後遺障害等級は第12級13号と、この第14級9号ですが、レントゲン画像などで明らかに神経障害がある場合に認定される第12級と違い、第14級は

  • 神経学的所見と自覚症状が一致した場合

に認定されます。 神経学的所見というのは、実際に痛みや麻痺が現れている部位の可動域を調べたり、筋力テストをしたりして、検査を行う事です。実際にレントゲンなどでは異常が見つからなかった場合でも、本当に神経障害があれば顕れる症状を検査して探すのが神経学的所見になります。

最終的に診断を下すのは専門医ですが、昔からむちうち症は、患者が「痛い」といえば、障害認定されるケースが多かったわけです。最近は神経学的所見のテストも種類も増えてきて精度も上がってきましたが、むちうち症で第14級9号の認定は、示談の時に揉める事が非常に多いものでしょう。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第14級は労働能力損失率5%と判断されています。ですから第14級になると自賠責保険の補償限度額は75万円と、第13級と比べると60万円以上下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。

弁護士基準の場合、最高600万円程度になるケースもあります(ただし、第14級9号のむちうち症は350万円程度)。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

特にこのレベルになると、示談交渉は余程うまくやらないと、相手側から単にゴネていると取られてしまうケースも珍しくはありません。専門知識や交渉術によって、賠償金が大きく変わってくるのが後遺障害だと言えます。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP