後遺障害等級:第6級(1号~8号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は67%!視力障害から脊椎変形まで範囲は結構広い後遺障害等級第6級

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第6級の場合労働能力損失率は67%だとされています。このレベルの後遺障害になってくると、わかり易い症状だけではなく、判断次第で等級が大きく変わってくるケースも増えてきます。 後遺障害第6級は、障害を負った部位によって1号から8号に分類されています。

後遺障害第6級 8つの分類
後遺障害第6級1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
後遺障害第6級2号 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害第6級3号 両耳の聴力が、耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離で普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第6級5号 脊柱に著しい変形、または運動障害を残すもの
後遺障害第6級6号 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
後遺障害第6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
後遺障害第6級8号 1手の5の手指、または親指を含み4の手指を失ったもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第6級8号」などというわけです。

矯正視力で0.1以下になると後遺障害等級は第6級1号!

交通事故によって両眼の視力が0.1以下になってしまった場合に適用されるのが、後遺障害等級第6級1号になります。視力0.1だと近視になってしまって、その位の視力の人も結構いらっしゃるのですが、ポイントはあくまで交通事故の障害として視力が低下してしまったことです。 そして基本的に矯正視力であり、裸眼視力はもっと悪いわけで、いくら眼鏡で矯正したとしても視力が0.1以下までしか改善しないケースが、この等級にあたります。

咀嚼機能か言語機能、どちらかに障害が残った場合が第6級2号!

食べ物を噛んで飲み込むこと身体の機能を「咀嚼機能」といい、言葉を話す能力を「言語機能」といいますが、交通事故によってその機能が失われることがあります。咀嚼機能や言語機能が完全に失われてしまった場合は、もっと高い等級になりますが、第6級2号だとそこまで重篤ではありません。

まず咀嚼機能に関して言えば、お粥や豆腐、あるいは柔らかい肉のような、ほとんど噛む必要がなくて飲み込むのも楽な食べ物しか食べられない状態まで咀嚼機能が失われた障害が第6級2号に該当します。

また言語機能の方は言葉を発音する基本である「口唇音」・「歯舌音」・「口蓋音」・「咽頭音」という4種類の発音方法のうち、2種類の発音方法が出来なくなった場合、後遺障害等級は第6級2号です。 ただし、第6級2号は上にあげた咀嚼障害と言語障害のうち、どちらかひとつある場合になります。咀嚼機能の障害があり、同時に言語機能にも障害があるとしたら、等級は第4級の2号にアップするわけです。

両耳の聴力が著しく低下した場合は第6級3号!

後遺障害等級の第6級には、聴力に関する分類はふたつあります。まず両耳の聴力が完全に失われたわけではないけれど、ほとんど聞こえなくなってしまった場合は第6級3号です。具体的な基準は

  • 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上、または50dB以上80dB未満
  • 言語を聞き分け意味を理解できる最高明瞭度が30%以下

となっています。 この基準は検査によって数値的に測定できますが、日常生活でわかりやすい例をあげると、耳を直接当てないと大声でもまったく聞こえないレベルです。

片耳の聴力がなくなったら第6級4号!

一方、第6級4号は片耳の聴力が完全に失われ、残った耳の聴力も著しく低下した場合に適用されます。完全に聴力を失ったというのは、わかりやすいのですが、残った耳の聴力の低下は第6級4号の場合、検査による基準は

  • 40cm以上離れた距離では普通の話し声が理解できない
  • 平均純音聴力レベルが70dB以上のもの

となっています。

背骨に障害が残り、運動機能に支障をきたせば第6級5号

後遺障害6級

交通事故のダメージで怖いのは、骨にダメージをうけて骨自体が変形してしまうケースです。第6級5号は、そんな脊椎が変形してしまって運動機能に障害が残った場合に認定されます。骨の骨折や変形は、レントゲンやCT検査などで確認するわけです。 ただもともと背骨は真っ直ぐではありません。

健康な人でも微妙なカーブを描いているわけですが、その角度を「コブ法」という基準角度に照らし合わせます。骨に異常がある場合はこのコブ法に定められている角度以上の数値になってしまいますので、その数値によって等級を認定するわけです。

第6級5号の場合だと、50°以上(健常者は50°)が認定基準になります。 またそうした障害が残った場合、運動機能にも当然支障がきたします。身体を反らしたり捻ったり、健康な人であれば何でもない動作が、背骨に障害が残ると出来なくなってしまうわけです。健常者の可動域にくらべ、0%~10%程度まで可動域が制限されてしまった場合が第6級5号の等級認定になります。

手足の3大関節の内、2つの関節機能が失われると第6級6号・7号!

後遺障害等級表をよく見ると、第6級の6号と7号の基準に書かれている文字は一文字しか変わりありません。第6級6号の「上肢」というのは腕のことで、第6級7号の「下肢」というのは足のことです。それらの3大関節といえば、

  • 4腕の場合:「肩」、「肘」、「手首」
  • 足の場合:「股関節」、「膝」、「足首」

になります。 交通事故によって片手片足で3大関節の2つ以上の部位が、まったく動かなくなったりした場合、あるいは神経障害で自分の意思では動かせなくなった場合が第6級の6号と7号です。腕の障害が第6級6号で、足の障害だと第6級7号になります。

また近年まで第6級の6号と7号の基準には、 「人工骨頭又は人工関節を挿入したもの」 というモノがありましたが、人工骨の品質や耐久性が向上したことにより、これに該当する障害は別の等級に分類されるようになりました。

片手の指を全部、あるいはほとんどなくすと第6級8号!

両手ではなく、片手の指を全部なくすと第6級8号に認定されます。また親指を含んだ片手の指4本をなくした場合も同じ等級です。この場合障害となった手が、自分の利き手かそうでないかは関係ありません。右手でも左手でも、一方の手の指が全部か、親指を含む4本失われれば第6級8号です。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第6級は労働能力損失率67%と判断されています。ですから第6級になると自賠責保険の補償限度額は1,296万円と、第5級と比べると300万円近く下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。 弁護士基準の場合、最高7,000万円くらいになるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。"

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP