交通事故に強い弁護士の探し方|事故被害者になってしまったら

弁護士を探す

交通事故に遭い被害者となってしまい、弁護士に依頼して示談交渉を行おうと決めても、まずどうやって弁護士を探せば良いのかで悩む。いずれも一長一短があるが、まずは心を決めて、さまざまな方法を試し、妥協することなく自分に合った弁護士を探すのが得策です。

交通事故でお悩みなら弁護士に相談

自分にあった方法で交通事故に強い弁護士を選ぼう

弁護士の広告を見て選ぶ、ネットで探す、ポータルサイトを利用…

交通事故に遭ってしまい被害者となった場合、自分で損害賠償請求を加害者に行うことは難しいと考え、弁護士に依頼しようと決めたとしましょう。

一般人にとって弁護士は非常に遠い存在であり、遺産相続や離婚問題でお世話になることはあっても、交通事故で弁護士を探すことは稀なケースだと考えられます。

しかし、前項でも説明した通り、万が一交通事故の被害者となってしまった場合には、弁護士が非常に頼れる立場になることは間違いありません。

電車内の広告や、インターネットサイトを閲覧した時のバナー広告など、弁護士の広告はよく目にしますが、果たして信頼して良いものなのか、無料相談と書いてあるけれども、本当に無料なのか、もしかしたら巧妙に料金を請求されるのではないか…、など分からないことだらけです。

本項では、交通事故に強い弁護士の探し方とともに、どういう心構えで弁護士を探せば良いのかを紹介します。

最も簡単で信頼できるのは、知人からの弁護士紹介

弁護士を探す際に、最も簡単で信頼できるのは、知人からの紹介です。

知人が交通事故に遭い被害者となり、示談交渉をその弁護士に任せ、非常に満足のいく結果になっていたとしたら、これほど心強いことはないでしょう。

迷わずにその弁護士を紹介してもらい、条件などを確認したうえで、依頼するべきです。

注意しなければならないのは、弁護士の専門性が交通事故にあるか

弁護士を探していると友人に相談した時、「知り合いに弁護士がいるから紹介してあげる」と言われることがあるかもしれません。

友人に紹介したいと思うくらいですから、当然、信頼の置ける弁護士だと考えられますが、ここで注意しなければならないのは、弁護士の専門性です。

いくら優秀な弁護士でも、過去に交通事故を扱ったことがなければ、交渉が上手く進められるかどうかは疑問です。

調理師資格を持っていてもすべての料理が上手に作れるとは限らないことと同じで、交通事故を取り扱った十分な経験がない弁護士に示談交渉をお願いするのはリスクがあると言って良いでしょう。

一方で、交通事故専門という弁護士はいません

後述するように弁護士が広告で専門分野を示すことは控えるようにとする日弁連が示した指針もあります。

知人からの紹介で面会してみて、交通事故にはあまり詳しくない弁護士だと分かっても、なかなか断りづらい一面がありますので、注意が必要です。

「交通事故に強い」という弁護士の広告は信頼できるの?

電車内の広告や、インターネットのバナー広告で、弁護士の広告をよく見かけます。

「初回相談無料!」「経験豊富!」などと謳っていますが、信頼して良いのでしょうか?

答えは、信頼して良い可能性が高い…です。

なぜなら、日弁連は「弁護士の業務広告に関する規定」に基づき、違反した広告については広告主である弁護士に、広告の中止または排除を命じるからです。

但し、すべてのインターネット広告をチェックすることは不可能でしょうから、以下に紹介する規定に違反していると思われる広告は、信用しない方が良いでしょう。

日弁連による「弁護士の業務広告に関する規定」

日弁連は、「弁護士の業務広告に関する規定」の第3条において、次の広告をすることができないと定めています。

  1. 事実に合致していない広告
  2. 誤導又は誤認のおそれのある広告
  3. 誇大又は過度な期待を抱かせる広告
  4. 困惑させ、又は過度な不安をあおる広告
  5. 特定の弁護士若しくは外国法事務弁護士又は法律事務所若しくは外国法事務弁護士事務所と比較した広告
  6. 法令又は本会若しくは所属弁護士会の会則及び会規に違反する広告
  7. 弁護士の品位又は信用を損なうおそれのある広告

第3条では、以上のように少し抽象的ななるため判断は難しいかもしれませんが、7項の「弁護士の品位又は信用を損なうおそれのある広告」は、直感的に感じられる部分はあるかもしれません。

また、第4条では、広告に表示できない次項があげられています。

  1. 訴訟の勝訴率
  2. 顧問先又は依頼者。ただし、顧問先又は依頼者の書面による同意がある場合を除く。
  3. 受任中の事件。ただし、依頼者の書面による同意がある場合及び依頼者が特定されずかつ依頼者の利益を損なうおそれがない場合を除く。
  4. 過去に取扱い又は関与した事件。ただし、依頼者の書面による同意がある場合及び広く一般に知られている事件又は依頼者が特定されない場合で、かつ依頼者の利益を損なうおそれがない場合を除く。

いずれも但し書きがあるため、広告上から判断することは難しいのですが、上記の規定を守っていないと思われる広告は信用しない方が良いでしょう。

(以上、日弁連「弁護士の業務広告に関する規程」平成12年3月24日会規第44号より抜粋)

交通事故における弁護士の専門性について

交通事故の示談交渉をお願いするのですから、交通事故専門の弁護士に依頼したいものですが、先に述べた通り、交通事故専門の弁護士はいません。

また、広告においても、日弁連による「弁護士及び弁護士法人並びに外国特別会員の業務広告に関する指針」において、以下のように示しています。

同指針の12項に「専門分野と得意分野の表示」において、“客観性が担保されないまま専門家、専門分野等の表示を許すことは、誤導のおそれがあり、国民の利益を害し、ひいては弁護士等に対する国民の信頼を損なうおそれがあるものであり、表示を控えるのが望ましい。専門家であることを意味するスペシャリスト、プロ、エキスパート等といった用語の使用についても、同様とする。」(一部抜粋)とあります。

ホームページなどに、交通事故問題解決のスペシャリスト!などの文言を掲載している弁護士は、少なくともこの指針に従っていないため、疑ってかかった方が良いでしょう。

インターネットを利用した交通事故に強い弁護士の探し方

タウンページなどを利用して電話で弁護士を探す方法もありますが、当サイトを訪れているということは、少なくともインターネットで弁護士を見つけたいと考えているはずですので、ここではインターネットを利用した弁護士の探し方のコツを紹介します。

検索で「弁護士」を探す場合の注意点

誰しも思い付く方法ですが、まず検索サイトに「弁護士」「交通事故」などのキーワードを入れて探してみる方法があります。

この場合、多くの弁護士を見つけることが可能ですが、検索1ページ目に掲載された弁護士は、必ずしも優秀な弁護士ではない可能性があることを知っておきましょう。

検索結果においては、アクセス数が多いとか、サイトが充実しているなどの理由よりも、広告費を多く支払っているから上位に表示される、といったことが起こります。

検索してすぐにクリックするではなく、何ページもたどって何件も見て、自分に合いそうな弁護士を探すのがコツです。

交通事故弁護士相談広場のようなポータルサイトの利用が便利

インターネットで弁護士を探す時は、当サイトのメインページ「交通事故弁護士相談広場」のように、特定の案件に強い弁護士を簡単に探せるように特化したポータルサイトの利用がお薦めです。

先に説明した通り、弁護士の広告については専門性を打ち出すことはあまりできないのですが、このようなポータルサイトでは、サイト自体がその代わりに、独自の方法で、特定の分野に強い弁護士を紹介しているものです。

もう一つの利点として、弁護士の比較が容易にできるということがあります。

個別の弁護士のページだけを閲覧していると、弁護士同士の比較が難しいため、地域などの条件を選ぶことによって複数の弁護士を並列的に比べることができ、自分に合った弁護士にたどり着く可能性が高まるでしょう。

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:294事務所
  • 相談件数:40,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

完全成功報酬で依頼者の「納得」を導きます!
弁護士法人・響
弁護士法人・響

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP