自動車 対 バイク~二輪車特有の事故に関する過失割合~

二輪車事故

バイクでも自転車でも公道を走れば車両とみなされる!

自動車にしろ原付にしろ、なんらかの運転免許証を持っている方であれば、免許を取得するときに、二輪車も公道と走る場合は、“車両”とみなされる事は学科で習ったでしょう。

自転車も車両

運転免許の必要な自動二輪車(原付も含む)はもちろんのこと、自転車も公道を走れば“車両”なのです。ですから交通事故を起こした場合、事故の過失割合は自動車同士のケースとそれほど変わりません。

一般的な事故の場合は、車両同士の過失割合を参考にしてもらえばいいわけですが、二輪車特有の交通事故による過失割合を紹介します。

二輪車のすり抜けと左折車両の事故

二輪車も車両ですから、公道を走る場合“キープレフト”、つまり道路の左寄りを走るのが基本です。ただ自動車と違って車幅はとても狭いので、走っている自動車の左をすり抜けて走行できます。つまり道が渋滞していても、あまり影響を受けないわけで、こうした走り方ができるのは二輪車の大きなメリットだと言えるでしょう。

その反面、二輪車には大きな危険もあります。

それは二輪車が道路の左端を直進して交差点に進入するとき、前方や隣を走っていた自動車が左折した場合です。当然二輪車は進路をふさがれますので、大きな事故につながります。
こうしたケースの過失割合は、基本的に自動車を運転していたドライバーが大きく自動車のドライバーが80%、二輪車の方は20%です。

もちろん細かい状況によって、過失割合は増減しますが、二輪車のドライバー側の過失割合が増加するポイントは、前方不注意と速度超過の2点ほどになります。
一方、自動車側のドライバーで過失割合が増える注意点は、二輪車に比べて多くなっているわけです。

自動車側の過失割合が増える場合
  • 方向指示の遅れ(もしくは無し)
  • 左折の走行ライン(大回りや急ハンドル)
  • 徐行なし

二輪車のすり抜けと右折車両の事故

二輪車が交差点を直進する場合、気をつけるのは左折車両だけではありません。交差点に入ったところで、右折車両とぶつかってしまうという危険もあります。

自動車側から見れば、右折するために交差点中央で止まって、安全を確認したところで右折を開始したら、いきなり二輪車が現れて事故ってしまったという事になるでしょう。

この場合の過失割合は、道路幅によって基本値が変わります。

二輪車専用車線があったり、十分な道路幅がある交差点だと自動車のドライバーが80%、二輪車のドライバーが20%です。

それに対して道幅が狭く、二輪車のすり抜けが難しいと思われるような道路だと、自動車のドライバーが70%、二輪車のドライバーが30%になります。もちろん前方不注意や、スピード超過などの過失によってどちらのドライバーも過失割合が増減するわけです。

左折時の巻き込み事故

交差点で起きる自動車と二輪車の交通事故で、バイクだけでなく自転車の運転者でも遭遇する可能性が高いのが、左折車両による“巻き込み事故”でしょう。

四輪車はカーブを回るとき、前輪より後輪の方がカーブの内側に寄って曲がっていきます。これを“内輪差”といいます。普通自動車だと、あまり内輪差を気にして運転することはないのですが、トラックやバスといった大型車両になると、この内輪差は結構大きくなり、うっかりしているとカーブを曲がるとき車の後輪が路肩に乗り上げてしまう事もあるようです。

車が路肩に乗り上げるくらいでしたら自損事故で済みますが、車両の左側に二輪車がいた場合、その二輪車は左折車に巻き込まれてしまいます。この場合の過失割合は、自動車のドライバーが90%で二輪車のドライバーが10%というのが基本です。

内輪差の話は運転免許を取得する場合、学科でも実技講習でも説明は受けたはずですし、二輪車の存在に気づかなかったという言い訳は、安全確認を怠ったことの証明になってしまいます。他の事故同様二輪車のドライバーの過失によっても過失割合は増減しますが、巻き込み事故に限って言えば自動車側の責任が大きいといえるでしょう。

ドア開放によって起きる事故の過失割合

道路に停車中の車がドアを開けたところ、走行してきた二輪車にあたって事故を起こしてしまうケースです。開けたドアが右側だった場合、ドアにぶつかるのは四輪車だったという事もあるのですが、人身事故に発展するようなケースは、やはり二輪車が開けたドアにぶつかってしまう事故でしょう。

この場合も圧倒的に自動車のドライバーの責任が重く、基本的な過失割合は自動車のドライバーが90%で二輪車のドライバーが10%となります。二輪車側も動いているので過失はゼロにはなりませんが、公道に車を停車させた場合、よく安全を確認しないでドアを開けた責任は重くなるわけです。

過失割合はあくまで基準

納得できないなら弁護士に相談

書籍やネットで得られる過失割合は、過去の裁判の判例に基づくものです。したがって事故の当事者となってしまった場合、それとよく似た判例の過失割合を当てはめてみるわけですが、実際の事故と場所や状況が完全に一致しているわけではありません。

自分が交通事故に巻き込まれてしまったとき、保険会社の示す過失割合に納得がいかない時には、弁護士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP