過失相殺とは?被害者にも落ち度はある?

交通事故はなぜ起こる?

事故現場

悪いのは加害者だけとは限らない!

交通事故を好き好んで起こす人はあまりいません。交通事故は加害者の過失によって引き起こされるとされています。「過失」というのは、ちょっとしたわき見でブレーキやハンドル操作が遅れるとか、アクセルとブレーキを踏み間違えるといった操作ミスです。あるいは一旦停止を無視したり、赤信号になったにも関わらず、無理やり交差点に進入したりするなどの交通ルール無視なども立派な「過失」になります。

多くの場合、こうした過失が原因で交通事故は起きるわけで、過失を犯した方が「加害者」になると思われがちです。しかし交通事故は加害者の過失だけで発生するわけではありません。自動車と歩行者の事故の場合、歩行者がいきなり道路に飛び出すといった被害者にも非があることもあります。また自動車同士の事故だと、双方に操作ミスやルール違反があって、どちらが加害者でどちらが被害者なのか、わからなくなるケースもあります。

被害者にも過失がある場合は、賠償金が減額される!

それが過失相殺

加害者は被害者に与えた損失を賠償しなければならないというのは、民法(709条)によって定められています。だから交通事故によって被害者に与えた損害は、加害者が弁償しなければなりません。

しかしその一方で民法722条の2項では、「被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。」という条文があります。

つまり交通事故に限らず、損害賠償が発生するようなトラブルがおきた時、被害者にも過失があれば、裁判所(裁判官)はその点を考慮して、加害者が支払う賠償金額を決められるという法律です。被害者の過失があったということは、事故の原因の一端は被害者にもあるということですので、事故の損害は100%賠償されることはなく、被害者側の過失の程度によって減額されます。これが「過失相殺」とい言われるものです。

交通事故ではわざわざ過失相殺を裁判で決めない!

民法によれば、損害賠償にしろ過失相殺にしろ、それを決めるのは裁判所(裁判官)になります。しかし実際の交通事故の損害賠償交渉で、裁判所まで話が持ち込まれるのは、示談や調停では決着できないほど、交渉がこじれた場合のみです。

発生した交通事故の損害賠償額を、いちいち全部法廷に持ち込んでいたら、裁判所がいくつあっても足りません。そこで大抵の交通事故の示談交渉は、保険会社や弁護士が損害賠償額を決めているわけです。その根拠となっているのが他項でも紹介した3冊も本になります。

  • 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準
  • 交通事故損害額算定基準(通称:青本)
  • 民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称:赤い本)

これらの本は交通事故の損害賠償に関する過去の判例を元にした基準です。したがってわざわざ裁判で争うのではなく、過去の判例と同じようなケースを当てはめて損害賠償額を決められます。そして損害賠償額を減額する過失相殺の基準もこの本によって決められているわけです。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP